スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

イベントバーエデン フランチャイズオーナーの公募:エデングループはコングロマリットからコンツェルンへ

あけましておめでとうございます。「えらいてんちょう」です。

旧年中はどういった年だったでしょうか。わたしはブロガーとして表に出た一年であり、「ショボい起業家」としてはコングロマリットからコンツェルンへの転換をはかった一年でした。
コングロマリットとは何か。コングロマリットとは複合事業体のことで、一つの企業が複数の事業を展開することです。わたしはリサイクルショップに始まり、バーや教室を、自分が責任者として一時5店舗経営しておりました。意思決定はすべて自分がし、店番も自分の責任で集める。誰もいなくて仕事があるときはすべて自分で処理する。これがいわば複合事業体コングロマリットです。
しかし、これはいうまでもなく限界があります。正社員という責任社員を複数雇っている一般企業ならまだしも、一人も雇えないショボい起業家としては、時間は有限ですし、体力も有限な以上、回せる事業の数は限られてきます。

実際に昨年の4月にはリサイクルショップの二号店をやむなく閉店し、8月にはリサイクルショップの一号店を売却するに至りました。息子が生まれ、時間が取れなくなり、時間を投入すれば儲かる事業を保持できなかったわけです。

ここからコンツェルンになるべきという話が生じます。

コンツェルンとは何か。コンツェルンとは、フィナンシャルグループ、ホールディングスのこと。日本語で言えば持株会社、あるいは財閥のことです。。財閥は資金源を背景に、顧客の共有、ノウハウの共有をはかり、しかし責任を分散。三井物産、新日鐵住金、三井住友銀行などはそれぞれ独立した会社でありながら、しかし一つのグループとして展開しています。ショボい起業の次の展開は、ショボい財閥作りだ、ショボい開業資金の融資、ショボいノウハウの提供、ショボい事業提携、そういったことが必要だというわけです。


具体的な話。イベントバーエデンのフランチャイズオーナーを公募します。
イベントバーエデンは開業2年を間近に迫りましたが、アルファツイッタラーなどに一日バーテンをしてもらうというビジネスモデルが功を奏して、12月期の月商が100万円を超えるなどショボい起業としては類まれな成功を収めております。このビジネスモデルは、地方都市でも有効だと考えています。具体的には、大阪、京都、名古屋、福岡にイベントバーエデンを出店したい。


しかし、わたしは東京に住んでいるし、管理人を雇っているわけではないので、実際に出店することはできません。よって、誰か現地に住んでいる人間に出店をお願いしたいという話になります。
条件は以下の通りです。

①自分の責任において店を経営できる人物であること。

②京都、大阪、名古屋、福岡のいずれかに住んでいること。

③えらいてんちょうのファンであること。

④要町のイベントバーエデンで2週間から1ヶ月間研修できること。

⑤月5万円のライセンス料をイベントバーエデン本部に支払うこと。→条件変更、追記をご覧ください。




メリットとして、以下のようなことが挙げられます。




①イベントバーエデンのブランドを利用できること。

②イベントバーエデンのアカウントで宣伝が可能であること。

③イベントバーエデンの人気バーテンを派遣可能であること。



特に③のメリットは大きいです。私は今回祇園のバー或いは「」でバーデンをさせていただいたのですが、おかげさまで盛況(6時間の営業で5.5万円程の売上)でした。アルファツイッタラーのファンは全国に点在しており、東京だといけないが行きたい、という層が数多くおります。よって、地方にいっても一定の売上をあげることができる、と予測されます。一方、アルファツイッタラーは何らかの形でコンテンツを持っており「地方巡業」の機会は少なくありません。実力によっては交通費を浮かすことができますので、地方にいった際にバーデンをする、というスタイルが確立できるものと思われます。

小さい店舗物件で十分です。
各地に店舗ができていったら、そこで「育った」バーテンダーが「ショボい全国ツアー」を行うことも可能になるでしょう。あるいは、育ったバーテンがほかのイベントバーエデンにいくこともありえます。さまざまな相乗効果が予想できます。


こんな感じで。興味がある人は連絡ください。いろいろあったらやりましょう。いろいろ合わなかったらやる必要はありません。興味ある人はえらいてんちょう のツイッターDMで連絡ください。「興味あります」「詳細ください」とかいうのには返信しませんのであらかじめご了承ください。何者で、どこにすんでいて、何ができてなにができないのかを連絡してください

【2018/2/20追記】
現在、エデン名古屋は交渉中のため、名古屋支部の募集は締切です。
大阪、福岡、京都はまだ募集しています。

また、本部へのロイヤリティについてですが、以下のように改訂します。

⑤月5万円か、月次売上の10%のうち、金額が安い方

すなわち、月次売上が50万円に届かない場合は、売上の10%のみで結構です。50万円はすぐに到達すると思いますが、それ以上の売上があっても5万円以上にはあがりません。売上が0円ならロイヤリティも0円です。

【2018/12/30追記】
大阪、京都、尾道、札幌、福岡が誕生しました。

来年は横浜・仙台・那覇を募集します。



終わり

コメント

人気の投稿