スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

はじめてのお客さんがついた。カーシェア事業の良い誤算と悪い誤算について【ANYCA奮闘記】



 年収300万円でポルシェカイエンを買いまして、Anycaで利益をあげようとしているマンの「えらいてんちょう」と申します。

 中古車屋に一杯食わされて、余計に5万くらい出費がかさんだり、事業開始が1週間後ろ倒しになったりしましたが、なんとか無事にサービスをリリースできました。こちらが私の車です。平日は5980円、休日は6980円で貸し出してます。安くない?ぜひ、ブログ読者も借りてくださいね。お気軽にどうぞ。

 【良い誤算とはじめてのお客】


 一昨日にはじめてのお客さんがつきまして、今日無事に帰ってきました。お客さん、すごくいいひとでした。来日15年、勤続15年のベトナム人バンカーという方。物事柔らかく、丁寧で、いかにも大企業の社員という感じ。ご自身は当初からAnycaのユーザーで、自身もオーナーとして車を貸し出しています。軽自動車とBMWを貸し出しており、カイエンに買い替えようか迷っており、ためしにいろいろなカイエンを借りている、とのことでした。「楽しい家族旅行になりました」といってくださって、私までうれしい気持ちに。もともと、ポルシェ借りたいなんて見栄っ張りの若人が多いのではと思っていたのですが、審査がもろもろ厳重なので、かなりハイソサイエティなサークルになっているのだな、と感じました。特にオーナーは、高級車を所持しており、かつAnycaで貸し出すのが合理的であると判断する、新しいものに対する抵抗がない「経済的合理人」が大半を占めそうです。Anycaもオーナーズサークルなどを開催しており、そのような「無形の価値」を提供してオーナーたちを満足させようとしているように思います。繰り返し会えば、仕事につながる場合があってもおかしくありません。これはまったく予想していなかったうれしい誤算でした。

 【悪い誤算とAnycaの性質】

 悪い誤算。非常に細かいのですが、Anycaの貸し出しは24時間単位で行われます。たとえば月曜10:00-火曜10:00までの貸し出しだと、月曜と火曜の両日が貸し出し不能となります。これは結構地味に痛くて、はじめに立てた収支予測ではおよそ2日に1回は貸し出されなければならないところ、連日借りてくれるひとが出なければそもそも原理的に不可能だ、ということになってしまいます。
 また、個人間のことですので、相手が定刻に遅れたり、メッセージのやり取りの手間があったり、受け渡しに手間取ったり、なんだかんだ1貸し出しあたり計1時間程度の拘束を受けます。もちろんアルバイトのようにツライものではありませんが、仮に私の時給が3000円だとすれば当初の計画にはない機会損失ということになります。
 車の整備・修理についてもそうです。たとえば、これを書いている日にオートバックスでカメラの取り付けなどがあるのですが、今日は貸し出しに出すことができないわけです。つまり、整備や修理の費用のほかに、機会損失がかさむということです。これは、前述の「24時間ルール」以上に無視できない問題です。

 【まとめ:「Anycaで稼ぐ」はキツイ。高級車を無料に近い値段で維持できる、と考えるべき】

 そもそも貸し出しに出した日がすべて借りられるとは限らないうえ、たくさんのひとで乗る分走行距離も増え、減価償却も早くなりますので、当初の収支予測のように「良い投資」にはならない、というのが今回の実験の結論です。
 それよりも、ポルシェの維持費をほぼペイできるということを評価していくべきでしょう。やはり、ポルシェに乗っているというと、なんというか「社会的評価」が高まります。要するに、それだけ余裕がある、ハイソサイエティな人間であると相手が勝手に判断してくれ、前述のサークルにも出入りしやすくなります。これを具体的な仕事につなげていく方向を模索するほうが良さそうです。
 また、ポルシェ自体をカーシェア以外で価値化する、というのも考えうる方法だと思います。えらてんといくポルシェ首都高一周コースひとり3000円、とか(読者投稿アイディア)、あんまり思いつかないけど、ポルシェは価値がある車なので、価値があるものは価値化する手段がありますから、これはおいおい考えたいと思います。

 なにせよ、新規事業はオモシロイ!!!!みなさんも、一番オモシロイ遊び、ショボい起業をやっていきましょう!

下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。
エニカ招待コードeraitenchoanyca



木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。
最近はよくラジヲやってます。アーカイブはこちら


コメント

人気の投稿