スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

沖縄についたら、まずマンガ倉庫那覇店にいきなさい。



 どうも、10月入ってから始めての更新になります。ブログをはじめた6月は45本も更新してたのに。テンションあがったときの集中力と飽きっぽさがよく表れてますね。テキトウに続けてこうと思います。ツイッターツイキャスでは発信してるんで、ぜひそちいらもご覧くださいね。

 さて、珍しくまとまった休みが取れたので、4泊5日で沖縄家族旅行にいってまいりました。いろいろと「沖縄旅行ライフハック」ができたので、えらてん流旅行術をお披露目します。ご参考になさってください。

【沖縄についたら、まずマンガ倉庫那覇店にいきなさい。】

那覇空港から南に車で5分くらいの場所にマンガ倉庫那覇店はあります。24時間営業、という文字が大きくでています。マンガ倉庫とは名ばかりで、総合リサイクルショップです。洋服、からスポーツ用品までなんでも売ってます。

 沖縄にいくひとは、だいたい海で遊びたいんじゃないかと思うんですね。私もサーフィンしたかったし。ただ、観光客向けのサーフショップとかって、足元見まくりでめちゃ高いんですよ。サーフィンセット一式、1日4000円みたいな。いやいや、ありえねーだろ、みたいな。観光地いったら財布のひもも緩みがちなんですが、私は敏感に「ぼったくり」に反応してしまいます。

 だから、レンタルじゃなくて、買っちゃえばいい。マンガ倉庫なら、サーフィンセット一式で4000円くらいで買えちゃいます。最悪500円くらいでは買い取ってくれるんじゃないかと思います。だから、初日に借りて、帰る直前に売っちゃうといいです。レンタルより断然安い。釣り具とか、その他マリンスポーツもだいたいありました。洋服や帽子なんかも、必要に応じて調達すると移動が楽ですね。

 リサイクルショップは、レンタルショップとしても使えるということは、一般に覚えておくとよいでしょう。

【スーパー丸大糸満店は、夜12時に惣菜が半額になる】

グルメは地元にスーパーにいけ、とえらい人はいっております。こちらも、観光客向けのやつは法外な値段とる、という話です。那覇空港、沖縄そばセット1100円って舐めてんのかって感じです。
 地場のスーパーにこそ、沖縄文化はあります。だいたい東京と変わらない品揃えのなか、ちょこちょこ変わったものがあって面白いです。沖縄ぜんざい、半額で100円切ります。お惣菜も、まぐろの天ぷら(100円)、チーズフォンデュコロッケ(19円)とかめちゃめちゃ面白いです。これは丸大の文化なのか沖縄の文化なのか、考えながら買い物するとなおよい(笑)
 さんぴん茶、シークワーサードリンク、ルートビアなどなども、スーパー価格60円くらいで購入できます。いや~、300円とか出して飲むきがしないね!

【24時間営業のギャンブル喫茶がおもしろい】

 そこら中にギャンブルができる喫茶店があるのにも驚きました。コインを入れて、昔ながらの花札ゲームをして、当たると1000円とかもらえるらしい。完全に賭博場じゃねえか!(笑) しかし、なぜか警察もきません。沖縄文化でしょうか。沖縄の喫茶店は、マンガが豊富でギャンブルができる!南国で涼しい喫茶店に入りマンガを読み続けるのも、なかなか乙なものです。


【まとめ:ケイフを楽しもう!】

 こちらは友人のヨンホが教えてくれたものをまとめたものです。とにかく、沖縄では、いや普段でもそうですが、「の~~~んびり」しましょう。やれ美ら海水族館だひめゆりの塔だ、あっちゃこっちゃ義務的にいっても大変ですよ。観光地なんて、グーグルとかでだいたい雰囲気わかるんだから、せっかく沖縄いったらのんびりしましょう。気候がいいです。全身の神経が弛緩します。ケイフして弛緩させていきましょう。

下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 花札のやつはゲーム喫茶っていって、普通に摘発されてます。
    ただそもそも数が多いとか雨後の竹の子状態なので困ってるみたいです。裏カジノ併設の店もあるとか。

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿