スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

ヒカル氏 VALU騒動謝罪会見 全文書き起こし

(左から、いっくん、ヒカル、ラファエル。いっくん、ヒカルは髪を黒く染めており、ラファエルは仮面を取っている。なお、ラファエルはマスクをつけている。服装は全員、黒いスーツ)

(頭を下げる。8秒)

 この動画では、今回のVALU騒動に関しての真実を僕たちの知る範囲で包み隠さずお話しします。なぜ謝罪しなかったのか、なぜ今になって話すことを決意したのかに関しては、今回のVALU騒動に関しての一連を聞いていただいてからお答えしたいと思います。
 時系列は定かではないので、僕たちが覚えている範囲での話になってしまうことはご了承ください。LINEのやり取りなどの証拠も存在していますが、動画内ではそれは公開しません。必要なときに必要な場所に提出します。思いだしながらすべてを話すと複雑すぎてすべては伝わらないですし、伝え忘れなどがある可能性があるので、紙に書いてきたことを読む形をとらせていただきます。
 まず、事の始まりは、VALUというサービスで、ヒカル、ラファエル、いっくんで価値を競い合う企画をしないかというところからでした。その時点で僕たち3人にはVALUの知識はほとんどなく、すごく軽い気持ちで1つの企画として面白そうだなというくらいに思っていました。そして、VAZ(※ヒカル氏所属会社)で、NEXT STAGE(※所属会社内のブランド名)のマネージャーを担当していた井川さん(※VAZ社元顧問)が、VALUをすでにしていたこともあり、教えてもらいながらこの企画をしていくことになりました。このとき、僕たち4人以外に、VALUに密につながっている方が2人と、VAZの従業員がもう1人、アドバイザーのような形でかかわってくれていました。VAZの従業員は個人的にかかわっていました。VALUは当初からこの企画にかかわっていたのは事実で、最初に設定した優待を消すことはできないはずですが、消すことができたのは、VALUに頼んで消してもらったからです。このように当初からVALUと連携して、企画が盛り上がるように準備していました。その中で、井川さんが僕たちのVALUを最初に購入して、高くなったら売っても問題がないことは、そのアドバイザーの方たちに確認していて、僕たち3人には、それがダメなことだという認識はありませんでした。
 しかし、結果として、これは大きな問題に発展しました。これは僕たちの認識不足で、知識の及ばないことに軽はずみにかかわってしまったと深く反省しております。本当に申し訳ありませんでした。

(深く頭を下げる。3秒)

 そして、優待に関してですが、優待をつけるといったことはなかったですが、僕のVALUのタイムライン上に、初期に井川さんが設定していた優待情報が載っていたことは事実です。井川さんにVALUの設定をお願いしていたのが自分で、誤解を招いてしまったことですべて僕の責任です。本当に申し訳ありませんでした。

(頭を下げる。3秒)

 優待情報のところには優待がないから大丈夫だろうと軽く考えていて、こんな問題になるとは思っていなくて、問題になった後もそれを軽く見て、自分のキャラを守るために煽るような発言をしてしまったことを、申し訳なかったと思います。ここに関して、一切の悪意や騙そうとする気持ちはなかったですが、結果としてそうとらえられることをしてしまいました。本当にすいませんでした。

(頭を下げる。3秒)
 次に、僕たちがVALUを売ったことに関してですが、みんなで話し合った結果、インパクトの残るようなことがしたいという結論になり、当初予定していたVALUの価値を競い合う路線はここで変わりました。ちまちまやっていても、ユーチューブとして面白くない。全員で売って、ある程度まとまった金額になったら、○○円してもらいましたというような企画にかえて、そのお金をユーチューブの企画に使えば盛り上がるという考えでした。それがお金をだまし取ったといわれるとはこの時点では誰も予想しておらず、この時点では、多少どこかから反感を買っても盛り上がるだろうという程度の軽い考えでした。そして、その提案で僕たち3人もそのほかの人も納得して、売ることが決まりました。井川さんはこれを知っていましたが、先ほどもいったとおり、それがダメなことであるという認識は全くなかったです。VALUのサービスのなかでできることをしているだけだという考えでした。本当に無知で認識不足だったと思います。誠に申し訳ございませんでした。

(頭を下げる。3秒)

 これがVALU騒動のおおまかな一連の流れです。表に出ている情報と大きく違う点は、VALUも関与していた、VAZの関係者も関与していたという2点になると思います。そして、最近新たに、僕のオフ会のボランティアスタッフが井川さんにVALUを勧められていたという話が出ていますが、これに関しては僕もネットと同じタイミングで知りましたし、ボランティアスタッフの方とはオフ会でしか交流はしていません。これはすべてのボランティアスタッフに聞いていただければわかることで、僕はこの部分に関して一切関与していません。また、ボランティアスタッフがプレゼント企画で優先的に当選という話も絶対的になく、そもそもユーチューブのコメント欄でどれがボランティアスタッフのコメントか判断しようもありませんし、そのようなことは一切していないです。過去に数回ツイッターで当選者を選んだこともありましたが、そのときは、動画内でいっていたように、僕のアプリをたくさん遊んでいる濃いファンから選びました。しかし、それをボランティアスタッフの中から選んでいたつもりはありません。偶然そうなってしまっていたかもしれないですが、僕も当選者全員を覚えてはいないので、それに関しては強く否定します。以上が今主に問題になっていると思いますが、僕たちがしてしまったことは取り返しがつかないことで、認識不足などという言葉では済まされないです。この事件の影響ですべてのイベントがなくなり、たくさんのファンを裏切る形になりました。騒動後も、自分たちの口から謝罪もなく釈明もなく、機械的な文字だけのツイートだけして、沈黙を続けてきたことで、たくさんのファンの皆さんを不安にさせてしまったこと、本当に申し訳ありませんでした。
(頭を下げる。3秒)
 ここからは、なぜここまで事実を公表せず、謝罪をしなかったのか、なぜ今になって話すことを決意したのかについて話します。なぜ謝罪しなかったのか。VAZとの話し合いで、法律問題に発展しているため、この件について発言しないで欲しいといわれていたからです。そしてそれがVAZのためでもあり、自分たちのためでもあると思っていたからです。なぜいまになって話すことを決意したのか。ファンからの信じていますの言葉を見るたびに、話せないもどかしさや、話さないとファンはきっと納得しないという葛藤にずっと悩み続けてきましたが、いままで応援してくれたファンに、このまま偽り続けることは耐え切れなくなりました。自分たちがしてきたこと以上の制裁を、自分たちが矢面に立ち、嘘の情報すら真実とされ、そのすべてを受け続けることに耐え切れなくなりました。ここまで真実ではないことが真実とされ、それが事務所のためという理由で自分たちがすべてを背負うのは耐え切れなくなってしまっていました。僕たちにとって、自分の会社の従業員、家族、何よりファンの方たちがすべてで、僕たちが真実を話さない限り、一生VALU騒動の最大の悪はヒカル、ラファエル、いっくんで、僕たち3人は詐欺師で、そのレッテルを一生背負って生きなければならないという事実がありました。それは僕たちの従業員が詐欺師の会社の従業員になり、僕たちの家族は詐欺師の家族になる。そして、僕たちを信じてくれているファンの方たちも後ろ指を指され続ける、そういう意味でもあるので、それだけは黙って受け入れることは出来なかったです。ただ、この行動にはいまだに葛藤があります。どれが正解かいまでもわかりませんし、VAZに申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当にすいませんでした。

(頭を下げる。3秒)

 VAZか、自分たちのファンや身内のどちらかを優先しなければならない板挟みで、この2週間は、VAZの「何とかする」「何とかなる」を信じ、VAZに火の粉が飛ばないよう、自分たちを押し殺し、自分たちのファンや身内には耐えてもらっていましたが、もうそれが耐え切れなくなり、保身に走ってしまいました。この動画を公開することでどうなるかは想像もつきません。ですが、これ以上嘘を重ね、いままで応援してくれていたファンの方たちを裏切り続けることはできないです。このままでは、これまでのように楽しくユーチューブで活動することができないです。胸を張り生きていくことができないです。いまさら何をいっているんだといわれるのは100も承知です。僕たちがいうことは、すべて嘘のように聞こえてしまうと思います。それくらい信用を失っていることを重々承知で今回の動画を撮影しています。僕たちはもう、嘘を重ねることはやめたいので、嘘だと思われても仕方ないという思いのなかで、今回の動画を撮っています。
 今後についてですが、無期限の活動休止とさせていただきます。そして、NEXT STAGEのメンバーみんなで話し合った結果、NEXT STAGEについても、解散とさせていただきます。今後VALUとどういう話になるのかまったくわからないですし、ここまで大きな話になってしまった背景には、僕たちの普段からの行動や言動が攻撃的で、不必要に敵をつくってしまうような活動内容だったからだと思っております。活動を自粛し、これまでの活動でだめだったところはしっかりと反省して改めないと、また同じような騒動を起こしてしまいます。そして、自分たちが招いたこととはいえ、僕たちの精神状態とはとても活動できる状態ではなく、それらを踏まえ、活動を休止します。今回の件は、自分たちに責任があり、原因があり、ここからどうなってもすべてを受け入れる覚悟です。しかし、偽ることはもうしません。僕たちのVALUを購入してくださった皆さん、視聴者の皆さん、VAZのすべての方、かかわってくださった企業の皆様、本当に申し訳ありませんでした。

(頭を下げる。5秒)
以上

元動画はこちら
転載、引用自由です。
↓つくるのに1時間くらいかかりました。なんかください。
欲しいものリストはこちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. これってえらてんさんのコピペっぽい(頭を下げる、のあたりとか)んだけど、どうなんだろう?
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1709/04/news125.html

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿