スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

<洗脳不倫>奥田敦先生との思い出

 慶應義塾大学の奥田敦教授 女子大生を「洗脳」不倫か



 2017年9月6日に、衝撃的なタイトルの記事を週刊新潮が報じた。私は慶應義塾の卒業生であり、またイスラームに強い関心を持っているため、知らない人物ではないので、記事には率直に驚いた。また、「やりそうだなぁ」という感想を持った。

 私が奥田先生に会ったのは、経済学部3年だった当時、慶應義塾学内のイスラム教徒受け入れ体制について意見を交換する、ひいては合同で勉強会をしないか、という趣旨の会合だったように思う。2014年5月ころ、その会合はなされた。かねてから懇意にしていた中田考氏(イスラム法学、同志社大学客員教授)、松山洋平氏(イスラム法学、名古屋外国語大学講師)とともに、湘南藤沢キャンパスの奥田氏の研究室を訪ねた。

 氏は我々を歓待してくれたように思う。駅まで、氏自ら車を運転し迎えにきてくれ、湘南藤沢キャンパスの学内を案内してくれた。私は経済学部出身なので、湘南藤沢キャンパスを訪れたのはそれが初めてだった。広大なキャンパスと、特徴的な号棟名(カッパ、イプシロン、イオタ、オクタでKEIO)などが記憶に残っている。

 氏の研究室で2時間ほど意見交換を行った。氏のゼミナールの学生が3人いて、いずれも男性だった。プロフィールを聞くに、いずれも中東に留学経験があり、複数の言語を操る優秀な学生だった。しかし、なんというか、キャラクターが薄く、自己主張がなかった。奥田先生には絶対服従というような空気感があったように思う。彼らが我々と言葉を交わすことはほとんどなかった。なんというか、氏が「優秀な手下」を我々に見せびらかすような、そんな雰囲気を感じないわけにはいかなかった。

 アスル(午後)の礼拝の時間がやってくると、奥田氏らは研究室を出て、踊り場に向かった。「ここで、このように礼拝をするんだ」と、パーテーションで区切られた空間で氏はイマーム(礼拝の主導者)を務めた。上学生3名がそれに従った。

 お茶など飲み歓談し、近々合同で勉強会をしよう、という話になった。しかし、それは結局実現しなかった。何しろ湘南藤沢キャンパスは遠かったし、奥田氏の作り出す空間に若干の違和感を覚えたこともその要因のひとつである。



 ここからは後日談。それ以来氏とは疎遠になり、大学を卒業し、日本一怪しいバーであるエデンの店長に収まると、「奥田ゼミ出身」の学生が来店することが複数回あった。2名と交流があるが、いずれも「奥田ゼミから逃げてきた」ということだった。男性の出身者は、奥田氏に不本意な叱責を受けて彼の元にいることを断念した。女性の出身者は、詳しくは聞いていないが、セクシャルハラスメントまがいのことをされたといっていた。共通の知人も多いためいろいろな奥田氏に関する情報を聞いていたが、イフタール(断食開けの食事会)において奥田氏がスピーチをする機会があった際に、子どもが騒いでいたら「話を聞け!」と怒鳴ったとか、セクハラ・パワハラまがいのことをしたという話も多く聞いた。要するに、「評判のよくない人物」である。




 ここからは、個人の見解。<洗脳不倫>というセンセーショナルなタイトルがついているが、奥田氏にいわゆるブレインウォッシングの技術があるのかというと甚だ疑問だ。教授という立場で、外国とのコネクションを多くもつ奥田氏のもとにはたくさんの学生が集まるが、彼の人柄を知った学生の多くは離れていく。しかし、一部は残る。残った一部が、この記事に出ている女性なのではないか、ということ。
 イスラーム教では当然不倫は禁じられている。それもかなり厳しく。証人が集まれば、最低でも鞭打ち100回、最高では石打ちによる死刑が妥当する。しかし、不倫とは日本の民法にいうところの不倫ではなく、女性との間にイスラーム法上の婚姻関係があればイスラーム法上はなんら問題はない(当然、日本の法律上の責任は問われればなるまい)。仮に不倫でイスラーム法上裁かれるとしても、それは積極的に不倫が立証される(具体的には、イスラーム教徒の成人男性4名の証人)必要があり、それはふつうには実現されない。

 何がいいたいかといえば、洗脳と奥田氏を結びつけるのはちょっと違うと思うし、洗脳とイスラーム教を結びつけるのはもっと違うし、イスラーム教と不倫を結びつけるのはさらに違う。どのような宗教にも、真面目な信徒と不真面目な信徒というものがある。不真面目な信徒は平気で戒律を破るだろうし、奥田氏はイスラーム教徒であると同時に日本人・大学教授である。日本人のオヤジが、女子大生に性的興奮を抱き、その欲求が実現されることはよくあることだし、それが本当だとしても日本的には「エロ大学教授」として職を追われるだけだ、ということ。それは本当によくあることだ。

 イスラームと洗脳・あるいは不倫を結びつける見解は、無理があるだろうと思うのである。

 下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

人気の投稿