スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

警察ってえらいなぁ、という話

 どうも、眠れないから「警察24時」を見ている「えらいてんちょう」です。明日起きられるんでしょうかね。どうでしょうか。わからないな。

 

 さて、私はどっちかっていうと「国家権力ハンターイ」みたいなタイプの人間ですし、過去に公安警察にクビ絞められたり、家宅捜索されたりしているんですけど、やっぱり警察ってエライなぁと思いまして、本記事を書いてまいります。

 【踏切から電車に乗ろうとするおじいさんの話】

 私はなぜか、頭のおかしいひとになつかれやすい性質があります。3年ほど前に深夜、池袋ー椎名町あたりを歩いていましたところ、踏切近くで異常な挙動をしたおじいさんに遭遇したのです。
 ぼーっと線路を眺めてまして、電車が着たらふら~っと踏切を超えていこうとするんです。自殺!?あたりには誰もいないし、止めに入りました。

 えらてん「どうしたんですか?危ないですよ!」
 おじいさん「これはこれは!ここからね、電車に乗ろうとしてるんですけど、すぐにいっちゃうんですよ。電車は不便ですねぇ」

 あっ、やべえ、だめなやつだ。

 えらてん「いや、ここからは電車には乗れないですよ、駅までいかないと。どこにいきたいのですか?」
 おじいさん「ああ、そうなんだ、どうもありがとうございます、兄貴!あっ、電車がきた・・・(踏切の向こう側へ)」
 えらてん「いやいや!!ちょっと待って!!」

 どうやら、頭があいまいになってしまったおじいさんのようです。こんなとき、私が電話するのが警察です。救急車でも、親でも、左翼活動家でもなく、警察。安心の110番。おじいさんが線路を超えないか見ながら、110番して情報を伝えます。「すぐに向かいますー」というありがたきお言葉。国家権力様様。

 えらてん「いま、警察のひとがきてくれますからねー!」
 おじいさん「それはそれは、ご親切に、兄貴!あっ電車が・・・」
 えらてん「ここからは乗れない!!待って!もう少し!!」

 あっと言う間に警察のみなさんが到着されまして、おじいさんに手慣れた様子でいろいろ聞いております。家どこ?家族のひとは?どうやら何も思い出せないおじいさんに、「ポケットとか、見ていい?」

 ポケットを調べた結果、某病院に入院されているということがわかり、病院に連絡をとり、保護していることを伝えてました。おじいさんはその間ずっと、警察のみなさんとえらてんに「兄貴!ありがとうございます!」といっておりました。

 警察のみなさん、なんとおじいさんを病院まで送っていくといいます。すげぇ。なかなかできることではない。おじいさん、あいまいながらお礼をいっております。えらてんにも、感謝の念が堪えないのか、ぜひ病院に遊びにきてほしいとのこと。何かの縁です、住所だけ頂戴しました(いまもまだいっていない)。

 警察が到着してから、ものの5分。私には到底解決不可能だった問題を、あっというまに解決してくれました。

 【社会の底辺に一番接しているのは、警察官】

 考えてみれば、酔っ払いが襲撃するのも決まって交番ですし、単純犯罪者と一番話すのも警察官だし、ユーチューバーがいたずらするのもこれまた交番です。裁判所とか、検察庁とかいうふうにはなりません。悪がきにはからかわれ、左翼には脅される、社会の不満のはけ口であるような警察官各位には純粋に尊敬の念を覚えます。きっと、上のおじいさんみたいな問題を、来る日も来る日も、毎日毎日処理しているんでしょう。こりゃあ大変な仕事だ・・・。


 【まとめ:革命なんてそう簡単にいっちゃいけませんよ、というお話】

 福島みずほとか、宇都宮けんじ、あるいは共産党、中核派、民進党、山本太郎、誰でもいいんですが、弱者のミカタの皆様の中で、警察官以上に弱者に接しているひとっているんでしょうかね。私にはとてもいないように思います。
 どんな社会にも底辺は存在するし、その底辺を相手にする人も存在する、そしていまの社会でそれを積み上げている警察の歴史は、とても軽いものではありません。革命をうたう革新団体・個人各位におかれましては、警察を超える「弱者のミカタ」であってほしいと願ってやみません。私は無理なんで、革命は諦めております。警察の皆様に敬礼。

下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

人気の投稿