スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

ビジネスには大日本帝国軍の「大本営発表」が必要だ

 どうも。ショボイ事業研究者の「えらいてんちょう」です。豊島区内4店舗経営マンです。今回は、ビジネスにははったりが必要不可欠ですよ、という話。

 

 【誰もこない店には誰もこない】

 店というのは不思議なものでして、誰もこない店には誰もきませんし、たくさんの人がくる店にはさらに人が集まってくるという現象があります。当然、事業家はたくさんの人に来てもらった方がいいわけですが、常にそういうわけにはいきません。流行ってる店でも閑古鳥が鳴く日はありますし、そもそも開店当初はお客さんなんか一人もこないことが多いわけです。
 店主はこう思うわけです。「暇だな~」「誰もこね~」「も~店閉めて帰りてぇ」。その気持ちは当然のものなんですが、それを口に出したり、SNSに書いたりするのはやめましょう

 【店の経営状況に関しては大本営発表をするべし】

 太平洋戦争において大本営発表で大日本帝国軍は嘘つきまくってましたね。大本営自体は、戦争継続のため、民間人・兵士の士気をあげるために必要不可欠だったのだと思います。結果的には戦争を継続するということ自体がバカげた選択だったわけですが、勝ってたらそれはそれで「良い作戦だった」となると思うわけですね。「ミッドウェー海戦で大敗しました」だったら、これはもう厳しいですよ。悪い事実は過小評価し、良い事実は過大に宣伝しないと、士気が落ちます。これは指揮官も同じです。
 さて、店に置き換えてみます。お客さんを「民間人」店主を「大本営」とすれば、「大本営発表」が「暇だな~」「誰もこね~」「も~店閉めて帰りてぇ」という軍で士気があがる一般人はかなりまれでしょう。太平洋戦争は大敗したわけですが、士気が低ければ絶対に勝てない、戦う前から負けてしまうわけですよね。なので、そもそも士気をあげて、それからが勝負。戦争においては結果が甚大なんで、それはもう慎重な判断が必要とされるでしょうが、こちとらいつつぶれるかわからないショボイ店ですよ。士気まで下げちゃったら必敗です。

 【仕事をしているひとのところに、仕事はくる】

 これは基本的に飲食店を想定していましたが、他の業態でも同じことがいえます。「仕事全然こね~」「しばらく現場仕事が何もない」という工務店に、家を建てることを依頼するひとはどれだけいるでしょうか。有名なところに人が頼む最大の原因は、有名なところは場数をこなしていて、仕事に慣れているからなのです。「仕事なーんもないから、仕事ください」ってひとより、「めちゃくちゃ忙しいけど、この日なら時間あげられます。どうしますか?」っていうひとに、仕事依頼したいですよね

 【じゃあ、具体的にどうするのよって話】

 飲食店なら、マイナス情報は公開の場に出さないほうがいいでしょう。売上が悪かった、客が全然来ない、ゴキブリが出た、全部NGです。売上が悪かったことをどうしても発表したかったら、客がこなかったら、例えば雨が多かったが思ったよりたくさんの方にお越しいただいたとか、昨日は満員だったが今日は座ることができます、とか書きましょう。

 工務店で仕事がこなかったら、綺麗な作業着を着て、店の前を掃き掃除していましょう。道行く人にあいさつをしましょう。店の前を整理しましょう。仕事をしてる感がでます。この仕事してる感こそ、お客さんが仕事を依頼する一番の条件なのです。

 学習塾だったら、一人も生徒がいない状態なら「新規開校!!新しいコースなので、きめ細かい指導が受けられます!!」です。生徒が一人しかいなくて、一応大学に合格したら、「快挙!!合格率100%!!!」です。嘘はついてません。

 そういった大本営発表を繰り返すうちに、実際に依頼がくるようになっていき、その依頼を処理できるようになっていき、本当に仕事で忙しくなり、実際に繁盛している店になる、という寸法です。

 【まとめ:勢いを演出しよう】

 なんとなく楽しそう!!なんとなくすごそう!!これだけで人は集まってきます。逆に言えば、なんとなくつまんなさそう!!なんとなくショボそう!!それだけで人はその事業を舐め、離れていくのです。
 もちろん、実際の大本営発表は大失敗に終わりました。私は戦史に明るくないので実際のところどうだったかはわかりかねますが、士気があっても無駄なほどの兵力差があったりとか、あるいは大本営自体が自分の発表を事実と思い込むようなことになっては大本営発表は逆効果になるでしょう。すなわち、死期を伸ばし、損失を拡大させるだけのものになるでしょう。
 しかし、あなたの店がミッドウェー海戦で敗れた後の太平洋戦争ほどに状況が悪くないのであれば、大本営発表を試みるのは悪い手段ではありません。我々は上場企業ではありません。正しい決算をしなければいけないのは、税務署相手だけです。嘘ばっかりついてるとばれて信用を失いますが、嘘にならない程度の「言い換え」をして、勢いを演出することは、悪いことではないばかりか、必要なことだと私は考えています。

 余談ですが、家賃とか売上をお客さんに教えるのもやめましょう。商人は自分の懐事情を簡単に明かしてはいけません。仕入れ値は子どもにも教えない、それが商人の鉄則です。

下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを投稿

人気の投稿