スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

ビットコインの危うさー貨幣の持つ信用と、それを守る暴力について



 ビットコインが一時1BTC=50万円を超えるなど、にわかに相場の盛り上がりを見せております。私は、ビットコインの取引をしたことがありませんし、Satoshi Nakamoto氏の論文を読んだこともないのですが、一経済学徒として当然生じる疑問を、この熱狂に対する警鐘として記事にします。
 なお、私の学位は学士(経済学,慶應義塾大学)で、専門は数理経済学です。卒業後も大学等には所属しておりませんが、市井で勉強を続けており、特に資本論を研究しております。

 【ニクソン・ショックと不換紙幣の流通について】

 まずなによりも、貨幣は金(Gold)であり、米ドルはGoldと交換可能である、そして米ドルと交換可能であるところの円をはじめとする世界各国の貨幣もまた間接的にGoldと交換可能である、それがニクソンショック以前の貨幣の持つ信用でした。貨幣となりうる物質の特徴はいろいろあるのですが、大まかに①分割可能であること②劣化しないこと③持ち運びしやすいこと、という3点を挙げることができます。Goldはそのどれをも満たすほか、それ自体が触媒などとして使用価値(それ自体を利用して得られる価値)を持っており、まさしく基軸通貨としてふさわしい性質をもったものでありました。
 しかしながら、1971年、ニクソンが米ドルの金兌換を停止すると、あらゆる貨幣は基軸を失いました。経済活動が活発になりすぎ、貨幣の必要量が増して、限りあるGoldとの交換を担保できなくなったためです。交換基軸を失った貨幣、不換紙幣は、もはや人々の「これは価値があるものだ」という共同幻想によってしか支えられなくなりました。そしてその共同幻想は、国家の持つ暴力、すなわち、警察力、軍事力と密接に結び付いたものであったわけです。

 【不換紙幣を価値があるものと信じ込ませる暴力とその具体例についてー日本銀行券の強制決済力】

 日本銀行法 第46条 1.日本銀行は、銀行券を発行する。
2.前項の規定により日本銀行が発行する銀行券(以下「日本銀行券」という。)は、法貨として無制限に通用する。

 上は、日本銀行券(いわゆるお札)が、日本国内において、法律で定められた貨幣として、決済の基軸になるほか、受け取る側は日本銀行券による決済を拒否できないことなどを示した法律です。法律は、民主主義的に決定されるという建前こそあれ、一度成立した法律は国家の暴力のもとに保護され、我々を強制的に従わせます。強制決済力を国家が保証するからこそ、我々は日本銀行券をGoldの担保なくても価値と認めるわけです。
 あるいは、このようにもいえるでしょう。我々が自分のお金を盗み取られたら、それを裁判所に訴えて被害を回復させることができるほか、警察力を使って犯人を罰することもできます。これが、貨幣の背後に存在する暴力ということです。自分の持っている貨幣に対する所有権の保証、また貨幣の価値(決済力)の保証。国家はそれを暴力を以て実現させます。そして、国家はその対価として徴税をします。所有権と価値の暴力による担保、その対価としての徴税、それがニクソンショック以後の不換紙幣を支える信用なわけです。
 あるものが、その根拠を見失い、それ自体が価値があるようにふるまうようになることを、マルクスは「物神性」と表現しています。(マルクスは労働をその源泉としていますが、この議論は今日は省きます。)
 貨幣がどのような経緯をたどって現在の形に収まっているのか、それを忘れて、ただ貨幣が流通している事実だけを見ると、さも「貨幣は人が価値あると信じているものでさえあれば良い」と考えがちです。貨幣の持つ信用は、兌換停止前はGoldに、兌換停止後は国家の暴力にその根拠があります。

 【貨幣の性質と、貨幣の信用から、ビットコインを読み解く】

 さて、仮想通貨はその点いかがでしょうか。ビットコインは、分割可能で劣化はしませんが、持ち運びすることができません。よって、例えば市場で魚を買うというような経済活動の決済には適しません。また、ビットコインはその性質上、徴税を逃れやすいという特徴があります。これは、税金を払いたくない人間(誰も払いたくない)からすればうれしいことこの上ありませんが、しかるに先の議論を鑑みれば、徴税がないということは、国家の暴力の恩恵を受けられないということにも等しいわけです。具体的にいえば、強制決済力がないことはもちろんですし、盗まれたりした場合に、公的機関の救済を求めることは不可能でしょう。私はビットコインを実際に取引したことがないので、取引の安全性についてはわかりかねるところですが、仮に盗まれることがないとしても、貨幣とその所有権をめぐってのトラブルは本質的に起こるものです。たとえば、家をつくって、100BTCで売る約束をしていたが、家を引き渡してみたら欠陥だらけで返金を求めたいという場合に、どこの暴力機関がそれを仲裁・解決してくれるでしょうか。誰が強制執行してくれるのでしょうか。
 あるいは、これからビットコインに対して徴税がなされるようになり、国家の暴力に服するようになるのでしょうか。そうすればきっとビットコインは、その意味を失い、価値は暴落していくことになるでしょう。徴税がされにくいというビットコインの価値、そしてそれのみを担保とする共同幻想性は、本質的にトラブルの上級機関による解決を拒否するものであり、現在の投資家諸賢がそのアナーキーさに耐えうるのかは甚だ疑問です。

 【まとめ:ビットコイン強盗、ビットコイン闇金なんかどうだろうか。】

 私は取引を実際にしたことがないので大変恐縮なのですが、ビットコインって盗めるんですかね。盗んでも、日本の法律ではさばけないと思うので、ビットコイン強盗団なんかねらい目じゃないでしょうか。テクノロジーのある皆さん、頑張ってください。
 あるいは、ビットコイン闇金はどうでしょう。ビットコインは貨幣と違いますから、利息制限法の範囲では当然ないでしょう。1ビットコイン貸すから、2ビットコイン来月返せ。いいですね、いい契約です。これも合法でしょう。
 これらに対して、本質的に対抗策を持たないのがビットコインの特徴だと、私は考えております。このアナーキーさに耐えられるかどうか。私はすごく好きで、実はビットコインにはものすごく興味をもっています。まだ手は出しませんが。読者諸賢は、こういう世界に心躍りますか?
 「貨幣は信用」、たしかにそのとおりです。しかし、信用とは具体的になんなのかを示さなければ、それは何もいっていないに等しいです。ひとは根拠ないものを信じ始めませんし、一度信じたものでは、その根拠が失われていることが公になれば、さーっと引いていきます。それは徴税が始めることによるか、共同幻想から覚めることによるのか、はたまたすべての国家が死滅してビットコインだけが価値を維持するのかは想像できませんが、私の少ない知見では、ビットコインに対して課税する気運が強くなり、新たな仮想通貨にうつり、その仮想通貨へ課税され、と繰り返すうちに、仮想通貨そのものの価値が消滅していく、というのがもっともありうる近未来なのではないか、ということが導かれます。

下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

人気の投稿