スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

バリ風リゾートホテルにいってきた

 どうも「えらいてんちょう」です。妻の誕生日に、バリ風リゾートホテルで休憩してきました。普段はストイックに生きている私ですが、たまにはこういった贅沢な支出もするわけです。妻の誕生日に、polca支援くれた方本当にありがとうございました。寿司は空きがなくいけませんでしたが、バケットルミネ池袋店でおいしいパンと料理を頂きました。
 私は人ごみが大の苦手で、妻は本当は水族館に行きたかったようなのですが、こういうところで身体を休めるのはどうか、と提案してくれました(妻の誕生日なのに何もプランを考えたりしない私・・・・)いい妻です。なかなか面白い施設で、大変興味深かったので、ブログで紹介します。

今回いったところ ホテルリゾートバリアン錦糸町
 入口
 待合室の中の、マッサージチェア
 同上
 ドリンクコーナーほか
 デトックスウォーターと黒酢
 ドライフルーツなど
 無料のデザート類など
 無料のアイスなど
無料のダーツなど


 エレベーター近辺のオブジェ
 部屋の入口
 内風呂
 ベッド
 洗面所
 トイレ
 室内サウナ

 露天風呂
 花をいれて快適
 夜になると魅惑的
 ラムネ
えらい経営者

【癒やされた】

 全体的な暗さと、露天風呂、マッサージチェアなどで、めちゃくちゃ癒やされた。よく計算されている。3時間滞在したが、出たあとは副交感神経優位になりすぎ・筋肉弛緩しすぎで車の中で仮眠とった。よく計算された空間だった。
 信仰上の理由で、公衆浴場にいけないため、露天風呂は久しぶりで、とても気持ちがよかった。サウナは今回使わなかったが、同様の理由でぜひ次回つかってみたい。

 待合室などの施設が充実しており、飽きが来ない。料金は日曜昼間で3時間9000円。私にしては贅沢な支出だが、客がひっきりなしにきており、1時間ほどまって入店となった。めちゃくちゃ流行ってるし、これは流行るだろうなぁという感じがした。大儲けだろうな~。(そんなことばっかり目がいってしまう。)


【パセラグループはいい会社です。】

 池袋にがんばれ!子供村という施設があります。これはまるごと一個のハニートーストで有名なカラオケパセラを運営する株式会社ニュートンが設置した貧困の子供向け施設で、ニュートンがCSRの一環としてすべて無料で提供しています。この施設、なんと寄付を受け付けていません。「寄付はいいから、うちの施設で遊んでください」というわけです。この取り組みを知って以来、長くパセラグループのファンです。そして、今回いった「バリアン」も、パセラグループのひとつなのでした。
 いい会社がするサービスは、いい内容のものが多いです。普段休まらない身体がすごく休まりました。たまの贅沢ですが、またいきたいですね。

下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。


木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。

コメント

人気の投稿