スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

懲役囚からの手紙


 どうも「えらいてんちょう」です。一時生活の面倒を見ていた人間が懲役になっており、手紙が届きました。まもなく出所です。懲役囚から手紙をもらう機会もなかなかないことなんだろうな、と思いまして、個人情報に配慮しながら今回全文公開します。本当はテキストで起こせればいいんでしょうが、面倒なのでこのままで。




 いろいろ考えが変遷しまして、いまは家族もありますし、身銭を切って面倒見る気にはなれないので、もし読者の方の寄付が募れれば、手紙を書いて多少の現金を送金しようと思います。現金は便箋代、切手代などに使われます。目標金額は2000円です。
懲役囚に切手代を送金したい →終了しました






下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.8.30追記
手紙を送りました。

○○へ
懲役ご苦労さまです。二か月後に出所とのこと、時が経つのは早いなぁと感じております。
さて、懲役は時が止まったように感じると聞いたことがありますが、私を取り巻く環境も日々変化しております。さまざまな商売を始めたほか、一番大きな変化は、妻子をもったことです。東京に帰ってくるとのこと、会えることを楽しみにしておりますが、以前のように密接には付き合えないと思います。最低限、生活の基盤を整える手伝いはいたします。
○については以前手紙で書いたとおり、○ともいまは連絡を取り合っておりません。時が経つというのは、さみしいことでもありますね。

ちいさな変化のひとつに、ブログ(ネット上の日記のようなもの)をはじめ、それが有名になったことがあげられます。少ないながらファンがつき、トークライブなどをやる機会も増えました。変化の中には、新しい人間関係が多く含まれます。たとえば、キリスト教の教会、貧困問題の支援団体などとの結びつきが、以前よりも緊密になりました。出所後の助けになるのではないでしょうか。
結婚したことや、自分の考え方に変化が出たこともあり、○○への仕送りは、私個人の財布から出すことは難しくなりました。ではなぜ今回お金と手紙が送れたかというと、○○からの手紙を、無許可で悪いですがブログに載せまして、ブログの読者からカンパを募る形でねん出したものです。前述の支援団体や教会の方らが、500円ずつ出し合って今回この手紙を送れております。
出所後は、刑務所に戻ることがないよう、私が出来る最低限のことはいたしますし、○○も努力してください。電話番号が変わっていますので、教えておきます。

コメント