スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

リサイクルショップの売却先が決まりました。売却先を決めるに至ったプロセス、及び私の思考過程について。

 前回の記事から2週間ほどが経ち、計8名の方に手を上げていただいたリサイクルショップの売却話について、兼ねてから交流のあるN氏にお譲りすることと結論が出ましたので、発表と、そう至った経緯についてご説明します。



 【三者でかなり迷いました】

 ・前回記事を発表する前から、ツイッターをつぶさにチェックして声をあげてきてくれた、弱冠20歳のNくん
 ・神奈川県ですでに会社を経営しており、東京進出の足がかりにしたいという理由で声をあげてきてくれたK社長
 ・結果的に譲り先として決定するに至ったN氏

でかなり悩みました。
 Nくんは、礼儀正しくまさに将来性ある若者という感じで、誰よりも早く、一般公募する前から声をあげたうえ、ぜひ自分にやらせてほしい、ぜひ自分が継ぎたいと繰り返し述べるなど、今回選考から漏らしてしまったことを申し訳なくなります。私もほかに事業売却計画がありますし、リサイクルショップについてもビジネスモデルは逃げません。ぜひいっしょにやっていきましょう。

 K社長は、20代後半ながら、従業員を6人雇い不動産投資業を営んでおり、やはり自分で商売をやってきたからでしょうか、私のノウハウの蓄積・苦労といったものをできるだけ高く評価しようとしてくれ、提示した30万円をはるかに超える金額を売却希望額として提示してくれました。また、もともと工務店で働いてきたとのことで、引き継いでもしっかり経営してくれそうだ、という印象を受けました。

 【商人は忙しいので、タスクを増やさないでほしい、という観点】

 今回の選考は、かなりブラックボックスといいますか、どういう点を重視するとか、どういうことを基準に評価するとか、そういったことを一切いっておりません。もちろん、事前にそういったことを提示できればよかったのでしょうが、何よりもまず私は「経営に割く時間がないからやむなく」売却するわけで、もう評価基準をつくるなんていうタスクはできそうにありませんでした。なので「継ぎたいんですが、どうすればいいですか?」とか、「いつまでに、どういう手続きになりますか?」みたいな、こちらに何かをしてほしいという要求は、結構つらいものがありました。Nくんを選考から漏らしてしまったのはこの観点からで、質問が多いというのは「意欲ある学生」という立場ならばよいものであっても、「次期経営者」という立場だと若干のしんどさを覚えるものがあります。資金が潤沢にあって、この点を理解していただいていれば、間違いなくNくんに譲ったと思います。
 たとえば、古物業者同士が集まる古物市場などでは、商人同士殺気立っています。こっちはお金を払うのだから詳しく知りたいとか、そういった態度では村八分になることは請負です。その場の状況を読んで、相手方商人に何か要求するときは、簡潔簡単にできるだけ短い時間で、という感じになります。小さいながらも店を経営していくとなると、そういった世界に投げ込まれます。質問したら答えが返ってきて、全部納得したうえで取引できるのは、上場企業の顧客に限られます。それは、消費者的態度で、経営者的態度ではないのです。経営者は、道なき道に道をつくっていかねばならないということでして、Nくんにおかれては、少し修行したあと自分で開業するのが良いだろうと思うにいたりました。

 【事業は自分の子供のようなもので、できれば付き合いの長い人に引き取ってもらいたいと思った】

 K社長は、さすがに商人で、自分ができる一切の条件を提示して、待つ、という態度に終始してくれました。物腰の柔らかさ、腰の低さ、しかしみなぎる自信と良い体格、このひとに任せればうまくいくと直感するものでした。うえに書いたとおり、商人として苦労してきたからこそ、私の苦労をしっかり評価してくれた、というのがとてもうれしかった。私は自分の培ってきたノウハウをできるだけ多くのひとに共有したいと考えていますが、それはたしかに、大変な道のりでした。多くの人が情報にはお金を払おうとしないなかで、それを価値あるものとして扱ってくれたのは本当にうれしかったです。
 N氏は私の主催する会合に3年ほど通っている旧知の間柄で、人柄もよく知っており、また仕事が非常につらいということで悩んでいました。N氏もまた、もともと陸上自衛隊出身で10年以上にわたり社会人を経験しただけあって、実務能力には問題がなさそうで、かつ「勤め人しかしたことがないが大丈夫か・・」というように、謙虚に学ぶ姿勢もありました。
 事業というのは、まさに子供のようなもので、さまざまな苦労、喜び、悲しみ、そういったものが詰まっております。小さな事業売却というのは、自分の子を養子に出すようなものです。昔は養子がさかんにおこなわれていましたが、子供のいない親族のもとにというパターンが多いようでした。親族であれば、顔も人柄も知っているし、いつでも見に行ける、そういった安心感があったわけです。「支度金」という概念はもちろんありましたが、おまけ程度のものです。お金の高よりも、あの人が見てくれるなら安心、そのことがもっと重大事だったわけですね。Nくんも、K社長も、もちろんほかに手をあげてくださった方もみな、信頼に値する人物だと思いましたが、やはり積み上げてきた時間というものは大きかった、ということです。

 【事業を継ぐことは、意思を継ぐこと】

 私は学習塾を前任の先生から引き継いだのですが、何より大切にしたのは、「その先生がなにを思って塾をつくったのか」ということです。塾の名前の由来も聞きましたし、生徒に指導するうえで気をつけていることも聞きました。授業日は毎回必ず行き、雑用をしました。なるべく長く近くにいることが、意思を継ぐためには必要と思ったからです。(もちろん、実際に仕事を覚えるうえでも大切ですが。)こういった態度を信用していただけたのか、継承は非常にスムーズでした。
 単に金が儲かるから、生活のために必要だからという理由でその商売をしているひとは、とくに個人商店の経営者には少ないと思います。実現したい夢があり、あるいは自分が蓄えてきた力があり、その結実として店ができているわけですね。その意思をなるべく変えずに継承するのが「しょぼい事業継承」なのではないか、と書いていて感じるようになりました。なにより決定的なのは、N氏と旧知で、私の考え方を知っており、賛同してくれているということです。変な事業ですから、近所のおばさんが涼みにきたりします。私はそれを受け入れますし、N氏も受け入れるでしょう。しかし、ほかのひとはどうか?それがまだわからなかったわけです。

 【まとめ:今回選考もらしちゃったひとも、仲良くしましょう】

 結局、大々的にブログで応募をあつめ、たくさんの人にあったのに、前からの知人に譲ることになりまして、お騒がせしました。こんなヘンテコな案件に手をあげるだけで、大変に優秀な、見所あるみなさまだと思います。私は今後も事業を立ち上げて売却するということを繰り返すと思います。今後またこういう機会もあろうかと思いますので、今後とも仲良くしてください。リサイクルショップノウハウなど、なんでも聞いてください。では。


下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

人気の投稿