面識のない入れ墨バリバリの30代男性に「300円貸してくれ」と言われた話

 どうも、病的な飽きっぽさですでにブログに飽きている「えらいてんちょう」です。今後は書きたいことがあったらその都度更新する感じになりますのでよろしくね。書きたい人生がまだまだたくさんあるので、辞めはしません、ご安心を。


 【今回は推理小説です】

 

 こちらのラインのやり取りをご覧ください。こちらは、2017年7月16日に妻としたラインのやり取りです。妻が路上で、入れ墨が両腕に入った目がイっちゃってる男性に「精神科に行く交通費がない。300円貸してくれ」と言われ、断ると素直引き下がった。その2分後にカップ麺を5,6個もった彼とすれ違った、との内容です。追加の情報で、入れ墨はちゃんとしたものではなく、なんか変なキャラクター?とかがちょこちょこ入っている、変わった入れ墨だった、とのことです。

 さて、問題です。彼はなんなのでしょうか?何者ですか?私には明解な回答があり、ほぼ間違いなくあたっています。ちょっと考えてみてください。












・・・









考えましたか?






・・・




わかった?すべての行動が合理的に説明できますよ。





【正解は、生活保護受給者の薬物中毒者です。】

 はい。これが正解。理由を解説していきます。
 まず、7月16日という日程に注目します。月の真ん中であり、生活保護受給者が一番金に困っている時期です。こちらの記事もご参照ください。おそらく、すでに一文なしの状況であると考えられます。
 次に、見知らぬ人に300円の借金を申し込むという状況を分析します。飢えていて堪えられないといった状況は、生活保護者にはそんなに訪れません。都心には炊き出しが充実しており、毎日どこかでご飯をつくっていますし、役所にいけばクラッカーももらえます。飯はただで食えるのです。なぜ現金が必要かというと、クスリがほしいしか考えられません。たばこや酒は最悪我慢できますが、クスリは我慢できません。クスリをくれる支援団体などあるわけがありませんし、ほかの証拠もこの説を支持しています。
 300円でクスリを買えるのか、という話ですが、クスリは種類によりますが、脱法ドラックはだいたい3gで4500円くらいというのが相場なんですね。もちろん割高になりますが、パケ売りというバラ売り制度があります。私が知っているのは0.5gで1000円までですが、おそらくいまは0.1gで300円で売られているのだと思います。0.1gなんか、10分ももたないわけで、300円ゲットしたところで焼石に水なのですが、そんな計算ができる段階に彼らはいません。とにかく、ちょっとでもいい、クスリがほしい、そんな状態です。「精神科にいく交通費」というもっともらしい理由からも「借金慣れ」を感じます。こういえば人は金を貸してくれるということを熟知しており、しかい知人には皆見捨てられている、とそういう状態であることが推察されます。
 断るとすぐ引き下がったということから、彼は借金がしたいのであり、ものを盗んだり強盗をしたりはしたくない、ないしはできないということが想定できます。強盗や窃盗は頭と体力が必要です。一番簡単なのは借金です。
 カップ麺は、もしかすると万引きしてきたかもわかりません。わずかに小銭が残っていたのかもわかりませんが、大量にもっているカップ麺は一度で食べきるものと想定されます。クスリをやるとご飯がうまくなるそうです。満腹中枢がエラーを起こすのか、いくらでも食べられるらしい。
 中途半端な入れ墨も、彼がヤクチューであることを支持しています。入れ墨をいれるのはチンピラコミュニティーの人間と相場が決まっていますが、立派な入れ墨は、一度で入れることができず、何回も通う必要があり、金と時間がかかります。立派な入れ墨をいれきれるのは、宿題ができるタイプの、エリートヤンキーなわけです。ヤクザはこういった人種がなります。やがてチンピラ内でも、しっかり出世コースに乗る人間、カタギになる人間が出てくる中で、あいまいに薬物を続け仲間から借金を重ね誰からも見捨てられる人間が出てきます。冒頭の彼はこのタイプです。

 【まとめ:ノルタルジーを感じた】

 なつかしみがありました。息子が急病だが交通費がない、1000円貸してくれといったやつが、1000円貸したら即脱法ドラッグ屋に駆け込んだことを思い出します。彼らにつけるクスリは、クスリをのぞいてありません。願わくば二度と関わりたくないし、私となんのかかわりもないところで曖昧に死んでいってほしいという感じです。

下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント