スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

イベントバーエデン立ち退き闘争史② 登場人物と背後の人間関係

 経営している店が立ち退きにあっている。第一回はこちらを参照してほしい。
 あんまり進展はないんですが、前回の文面を相手に出しましたのといままでの経緯、登場人物などを整理し、今後の作戦を練っていく。


 【登場人物】

えらいてんちょう・・・エデンの借り手。20代男性。バーを貸していたり、ヤバ客が多い都合上、近所に迷惑をかけてしまうことを心苦しくおもっている。
 大家・・・おばあさん。あったことはない。たぶんもう寝たきりのようで、娘夫婦・特に夫の方が実質的に大家を代理している。
 大家の娘・・・おばさん。月一回掃除にくる。存在感はない。顔も覚えてない。
 大家の娘の夫・・・実質上の大家。気功師。森山の電話に辟易としていて、ついには契約解除なる暴挙に出る。50代か60代。鳥越俊太郎似。
 森山・・・こいつがガン。エデンの隣の物件の大家。70代の爺さんで石原慎太郎似。ゴミ問題で揉めたことを皮切りに、エデンを目の敵にしている。一度「えらいてんちょう」が菓子折りもっていってやったのに、また暴れだしたので、たたく方向に方針転換。
 不動産屋・・・会社は地場の管理会社って感じ。担当のKさんは40代の勤め人。安倍サダヲ似。会社での地位は低くもないが高くもないという印象。フーコーを昔やっていたらしい。エデンを面白がっているが、大家の顔も立てなければならない微妙な立場。中立。

 【立ち退き要求にいたるまでの流れ】



 最近の所感はこんな感じ。森山とのゴミ問題揉めというのは、ふとんが不法投棄してあったのを、森山が粗大ごみ券を貼って(地主はこういった仕事もある。大変だ)<エデンの敷地内に>置いていたので、「商売の邪魔になるから置くな」「少しの間だ、取りに来るまで置かせろ」といったやり取りをした。これが去年の10月頃だったように思う。
 それから、森山→大家の娘夫婦→不動産屋→私と、ゴミ問題、騒音問題などで執拗に注意を受けることとなった。私はそのたびに頭を下げ、基本的には穏便に済ませる策をとってきた。一度菓子折りをもっていったこともある。
 不動産屋さんは、毎度「大家さんが近所からの苦情で参っている」「対応してもらって申し訳ない」といっていた。私は森山だと直感し、不動産屋さんに、「森山さんですか?」と尋ねたところ、「はい・・・まあ・・・」という返答を得た。
 これは、この騒動の前にしたツイートだが、森山の戦略をよく表わせている。


 【6月16日キチガイホストバーでの騒音】 

 6月16日にやったバーで、客のひとりが外に向かって音楽を大きな音で流すという騒ぎを起こし、警察が注意にくることになってしまった。近所には迷惑をかけたことは申し訳ないが、一客が、しかも店の外でしたことであり、エデンの責任外のことだと思う。変な客は追い出すだけで、変な客が路上で暴れるのも店のせいにされては、どんな店もやっていけない。また、その客には既に出禁を言い渡している。それ以前にも以後にも警察がきたことなどない。
 しかし、それを好機と見た森山は、また大家に電話攻撃をしかけたのだろうか。
 6月24日のバーかねどーに森山が怒鳴り込んできて、担当バーテンのかねどーが軽くいなしたということがあったそうだ。翌々日、6月26日に森山とえらいてんちょうが顔を会わせた際に、てんちょうが迷惑をかけたことを詫びると、「本当に迷惑だよ」「大家から連絡があると思うから」などと不敵に笑っていたことが思い出される。それで、6月29日の「立ち退き」騒動につながっていくわけである。

 【不動産屋にメール】

 29日の書面を受けて、不動産屋にメールをした。以下がその内容である。いざとなればことを構えるが、不動産屋には恨みはない。
 
○○商事 ○○さま 2017/7/1 3:22
引き続きご迷惑おかけしております。
先日お電話いただき、また書面で受け取った件ですが、当方からは以下のように回答いたしますので、○○(大家代理人)さまによろしくお伝えくださいませ。郵送しようとも思いましたが、あまりにもバカバカしく、切手代や手間も惜しいですので、メールにて失礼いたします。

ブログやツイッターなど、ご覧いただいていることと思います。地場の大家さんである先方と、ややこしい店子である当方に挟まれた○○さまの苦労を考えますと、同情心と申しますか、申し訳なさを禁じえません。即座に無効確認及び不法行為に基づく損害賠償の請求を大家さん相手に提起しようと考えましたが、○○さまの立場に影響するのではないかと踏みとどまっている次第です。

一方で、訴訟になれば、弁護士法の規定によりよくも悪くも○○さまの手を離れますので、それがいいのかもしれないとも考えております。

夜分に失礼しました。お返事いただければ幸いです。えらいてんちょう拝

添付した文章は前回の記事後半を参照のこと

 【まとめ:エデンは断固守り、森山はたたく。】

 騒音については、心から詫びるところだし、再発防止に努めるのは当然だ。エデンは深夜営業はしていない。どんなに遅くても11時で閉める。騒音には細心の注意をはらっているし、酔っ払いにはさらに酒を提供することはしない。それでも、繁盛している以上、変な客はきてしまうし、多少うるさくなってしまうこともある。店を繁盛させるなというのか。だったら飲み屋として最初から貸すなといいたい
 わたしどもは、家賃を滞納しているわけでもない。つつましく営業努力をしているだけだ。ようやく繁盛店になってきたのに、そんないちゃもんで出てたまるか。法律を守れ。何度でも宣言するが、エデンが立ち退きをすることはなく、立ち退くのであれば2000万円が必要だ。金を払うか諦めろ。
 大家の主体性のなさも驚きだ。森山のバカに言われたとおり唯唯諾諾と従うのか。相続財産で飯食ってるバカはこれだからいけない。悪い人間ではないが、これ以上私どもにバカな言いがかりをつけるとなれば、火の粉は払わねばなるまい。家賃に満足して、黙っていてくれないか。
 森山のジジイ、こいつが一番のガンだ。たたき方は考えるが、こいつと和解することはありえない。法律の許す範囲内で断固ぶっ叩く。覚悟していろ


下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

人気の投稿