スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

TSUTAYAにDVDを返しいくことができるのは限られた人間だけです

【この記事は約5分で読めます。】

 毎度どうも。私が見た貧困芸人の「えらいてんちょう」と申します。1日1回は、息子に「お父さん、ブログで君のこと食わしていくからな」と言い聞かせております。
 
 突然ですが、皆さんは、ツタヤで借りたDVDを返しにいくことができますか?
 私はできます。当たり前ですね。しかし、この世にはツタヤで借りたDVDを返すことができない人間がいます。結構な数でいます。そんな彼らの暮らしぶりをご紹介します。

 【だいたい、GEOとTSUTAYAと消費者金融はブラック】

 私が伴走してきた生活保護受給者は、私と出会った時点で、だいたいGEOとTSUTAYAと消費者金融はブラックでした。自宅で居候させていた、生活保護受給者のS、TSUTAYAはすでにブラックでしたが、まだGEOは生きています。なんか、映画のDVDがみたいとかで、1週間で借りてきたのですが、1週間たっても返しにいく様子がありません。

 えらいてんちょう「これ、昨日が期限だったんじゃない?返しにいったら?」
 受給者A「あっ、うっかりしてました。後でいってこよ」

 延滞料は1日1作あたり280円です。4作借りているので、1120円、1日あたり飛んでいくことになります。しかし、彼らはお金持ち。1日1000円ちょっと、どうってことありません。
 
 ~3日後、まだある・・・延滞料は3000円・・・~

 えらいてんちょう「まだ返しに行ってないの?」
 受給者A「なんか面倒くさくて。明日こそいきますよ」

 ~そして一週間後、延滞料金は高い、もはや10000円の大台に乗ろうとしている~

 えらいてんちょう「結局、返しにいかないの?」
 受給者A「延滞料金もってないんで、もういいっすよ」
 えらいてんちょう「もういいって、返さないってこと?」
 受給者A「ええ。」

 あわれ、GEO。高めの延滞料金の設定が祟ったか、レンタルライセンス付きDVDを4作失ってしまった。彼らとレンタル契約を結んだことを嘆くしかあるまい。
 その後、えらいてんちょうの「延滞料金は払えない旨伝えて、DVDだけでも返却したほうがいい」という言葉に耳を貸さず、GEOのDVDはめでたくAのものになった。しばらく後、燃えるごみに捨てられたらしい。

 【マリファナの吸いすぎで、100m先のTSUTAYAまでいくことができない】

 今度もひどいです。マリファナを吸いながらグレードギャツビーをみるとすごく気持ちいいんだそうです。受給者のB。
 例によって、期日に返すことができません。TSUTAYAの会員登録に、連絡先として私の電話番号を入れていたのか(彼らは勝手に私の電話番号を連絡先として登録することが多々あった。携帯がないから。)、TSUTAYAから私に電話がかかってきます。
 家にいくと、マリファナの異臭とへろへろになったBの様子が見えます。

 えらいてんちょう「TSUTAYAから、DVD返せってさ」
 受給者B「bづべうcbjへcg」(何をいっているかわからない)
 えらいてんちょう「明日またくるわ」

 明日も明後日も同じです。結局、ずっと返しに行くことができず、TSUTAYAに迷惑をかけるわけにもいかないため、受給者Bの金銭管理を本人の依頼で任されていたわたしは、受給者Bの了解をとったうえで、4作分を弁償することになりました。4作で48000円です。ライセンス付きなんで高いですね。これが健康で文化的な最低限度の生活ですよ。

 【まとめ:返さないと契約でどうなるとか、そういった難しいことは理解が及ばない】

 最初から、借りパクをしようとか、そういったことを思っていたわけではないと思います。「自分がDVDをみたい」とか、「音楽がいま聞きたい」という願望はあり、それを達成するために書類を書いたりすることはできるのですが、これを返さないと契約が、とか、そういったことは理解できないので、こうなっていると思われます。いわば、身体性を伴う現在の願望には忠実だが、身体性を伴わない未来のことについては想像する能力がない、ということです。
 その限りにおいて、消費者金融の限度額は彼らにとって貯金残高と同じで、ツタヤのDVDは自分の私有図書館であるわけですね。参りました。私の負けです。


生活保護シリーズまとめ
「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話
②「これは家賃です」と渡されたお金を家賃として振り込むことは、限られた人間だけができる特殊能力です。
生活保護支給日の前は、区役所の公園でタバコが1本50円で売られる
生活保護で遊戯王カードを買い漁る33歳自閉症
生活保護を受け続けられるのは、限られたエリートです
ホームレスを保護したら40万円盗まれた話
下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。


木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。


コメント

人気の投稿