スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

Lancersで中間搾取して月5万円稼いた話

 【この記事はおよそ4分で読めます。】


 どうも、どうも「えらいてんちょう」です。今回は軽めの闇経済ネタです。
 ネットde収入マンの皆様は、誰でも「Lancers」というサイトは聞いたことはあると思います。簡単にいいますと、ホームページつくるとか、チラシつくるとか、そういった仕事をネット上でコンペできるサイトです。受注者は個人で家にいながら稼げるし、発注者は中間業者がないので安く質のいい成果物をゲットできるとそういう寸法です。
 技能がなくても、ライティングで稼ぐことができますので、ネットde収入マンには人気で、ランサーズで稼ぐ系の記事もたくさん書かれています。

 参考:ランサーズ初心者はいくら稼げるの?開始5日目に報告してみる

 【作業相場が暴落!TOEIC満点で時給800円】

 ランサーズで受注者として小遣い稼ぎしていたこともあるのですが、まぁーとにかく、単価が安い。自由競争市場だと、作業費ってここまで安くなるのかといたく感動した覚えがあります。一文字0.1円以下のライターとかざらです。めっちゃ頑張って月3万円くらいしか稼げないです。脱法ハーブ屋でバイトしながら暇つぶしにやってました。
 どうやら、バリバリに働いていた専業主婦が大量に流入して単価を下げまくっているらしく、翻訳とかも時給1000円を割った案件にTOEIC900点越えがぞろぞろと応募する、みたいなディストピアが形成されておりました。結局そのプロジェクトはTOEIC満点のオバサンが時給800円程度で受注してました。すげえ世界だよ。

 【これ、発注側になったら稼げるんじゃない?】

 そのころ私は、懇意にしていた出版社からテープ起こし(インタビューを文字に起こす作業)や誤字のチェックなどの仕事を受けて糊口をしのいでおりました。もともと外に働きにいくのは得意ではありません。それに加えてランサーズで小遣いを稼ぎながら大学に通う、という生活です。
 出版社からの仕事は単価が高く非常に助かってましたが、これもしかして出版社の仕事をランサーズに流せば大儲けじゃない?という考えに至りました。1分間200円で受けて(出版社的には安いと絶賛)、1分40円で発注してました。ランサーズの相場は80円くらいですが、めちゃ安いのに仕事はしっかりしてました。例にもれず、元バリキャリ主婦。2時間のテープ起こしを引き受ければ、数分のチェックだけで2万円程度の収入になります。なんだこれ、人生ちょろい。
 味を占めた私は、だりいなあと思っていた大学の英語のプレゼンの資料つくりを800円で一流商社勤め20年の人にはやってもらったり、統計学の課題を、博士号持ちのひとに1000円でやってもらったりとやりたい放題でした。おかげさまでめっちゃ仕事してたけど大学は卒業できたよ。ありがとう、ランサーズ。ごめん、大学。もう時効だよな。出版社からの仕事は、ちょっと仕事をくれていたひととの縁が切れてしまいましたが、またできればやりたいなァと思っております。

 【まとめ:割りの合わない仕事の裏には、めっちゃ得してるひとがいる】

 まぁいろいろ、やってるとあると思うんですよ。この仕事、わりにあわねえなぁとか。わりにあわねえ仕事は、すぐやめてしまうんじゃなくて、なんでわりにあわないんだろう?と少し考えを進めると、もしかしたら幸せになれるかもしれないです。市場経済ってそんな感じです。



下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

人気の投稿