ボクシングジムに通わなくても、ユーチューブ見ればボクシングできるようになる説

 どうも、どうも。固定観念デストロイヤーの「えらいてんちょう」です。今回は軽い経済ネタです。

 【格闘技やりてぇ、ジム行こう】

 ちょっとシバキたいやつがいたのですが、日本で武器使うのはリスク高いですし、やっぱり肉体を鍛えるのが一番だな~、格闘技やりてぇ~と思っておりました「えらいてんちょう」。友人にプロのキックボクサーがいたので、その彼に紹介してもらってボクシングジムにいきます。いつでも練習できて、月会費5000円くらいでした。安い。だいたい、2年くらい前の話です。

 【指導ってそんなにない。これ、ジムいく必要ある?】

 最初のほうは、まぁ結構指導があるんですよ。シャドウボクシングの方法、柔軟運動で伸ばすべき箇所、ジャブの方法、ストレートの方法、フックの方法、などなど。一通り終わったあとは、その精度をあげるだけなんですよね。たまーにコーチがスパーリングの相手してくれたりしてましたが、率直にいって、これ会費払って通う意味あるか?というと感じました。もちろん、大きなリングや、いっしょに練習に励む仲間がいる、ほかに大会に出たりできるなどのメリットはありますが、もくもくと練習に励むのが向いている私としては、最初のトレーニング内容だけ聞いてしまえば、あとは自力で練習すればいい話なんですね。

 【じゃあ最初のトレーニング内容もユーチューブで見ればよくない?】

 少し考えを進めますと、そもそも最初からジムいかないで、ユーチューブ見て基礎練習方法学んで、あとは自分で反復練習すれば、だいたいどのような技術でも習得できるんじゃないのか、という疑問がわきます。結論からいうと、おおむねできました。しかも、金とる教室より、ユーチューブで再生回数多い動画のほうがわかりやすいし丁寧。
 私がこの方法またこれに類する方法でおおむね習得した技術に、鍼灸、整体、ヨガ、タロット占い、気功治療などがあります。どれもそんなに練習したわけじゃないんですけど、人にやると、プロよりもうまい!といわれることが珍しくありません。プロって大したことないんじゃねえのか?大学受験でも私は独学派で、塾とか一切通わなかったのですが、いわゆる身体を使った技術に関しても、そこそこ腕のいい講師が大量に動画を投稿していますので、もうこれ全部0円で習得できるじゃん、と思った次第です。今後は作曲とか習得してみたいです。

 【まとめ:格闘技やりたいからお金が必要、というのは資本主義の奴隷】

 何か始めようとするときに、すぐに「教室に通わなきゃ」っていうの、相当資本主義に洗脳されてませんか?いまは動画共有サイトが強く、質のいい講師が0円で動画垂れ流しています。教室にお金落とすのは、落としたいひとに任せて、0円で自分の目的を達成していきましょう。

下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント