スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

麻原彰晃、ノリでサリンつくっちゃった説

【この記事はおよそ5分で読めます。】

 どうも。宗教・貧困が得意分野。「えらいてんちょう」です。オウム真理教シリーズの第二段、取りあえず最終回です。
 自分が経営しているあやしいバーに、オウム真理教の幹部の野田成人さんを呼んだ際に聞いたこと、及びそれを聞いて私が感じたことを皆さんに紹介します。

 【選挙で負ける前から、武装して日本国を倒そうみたいな話はあった】

 一般的には「オウムは選挙に負けてから武装化をはじめた」ようなことがいわれていますが、選挙に負ける前からそういう雰囲気はあったそうです。
 選挙の際に、開票の立会人というのがありまして、野田さんがそれを務め、「最低、○○票あるはずだ。ちゃんと、票があるか確かめてこい」と麻原にいわれたそうです。私も選挙の立会人をしたことがありますが、作業の流れがはやく、票数が何票あるか確認することなど到底できません。野田さんが「確認することができませんでした」と報告すると、「何!なかったということか!票のすりかえだ!」となって大変だったとのことでした。障害者の世話は大変です。これを機に、武装化論がさらに強くなっていったことは確かだそうです。

 【1番簡単な銃もつくれない素人集団】

 オウム真理教は、武器をつくることに関して、完全に素人の集団でした。電気もないアフガニスタンでもつくることができるともいわれるAK-47でさえ、作ることに失敗しています。信者でつくれるひとはいないし、ヤクザに教えてもらうにもコネもなければ脅されるかも知れずできない。漠然と銃欲しいなーっていってる中二病患者と何も変わりません

 【予算1億円でウラン掘ってこい!】

 当然、麻原自身も何もできないため「武装化」は信者に丸投げです。野田さんは、東大の物理学科出身なので、核の担当にされました。もちろん、何か特別な経験あるわけではありません。1億円渡されて、オーストラリアにいってウランとってこいといわれたそうです。
 「核融合炉とか、最低でも数千億から一兆かかるのに、無理だろォ」と思いつつ、「絶対無理だからよかった」と思ったとのことでした。

 【サリンできちゃったよ】

 数千億から一兆かかる仕事を「一億円でやれ」といってくる無茶ぶりです。獄中にいて直接話を聞く機会は持てませんが、サリンつくる班も、どれだけ無茶ぶりされたかわかりません。いままでの話や、麻原の三女の本などに書いてあった「オウムでつくったものは欠陥品が多くすぐに壊れる」旨の記述を読むにつけ、オウムの技術がいかに杜撰で拙いものであったか、想像に難くありません。
 それが、実際に人を殺せてしまう完成品ができてしまったのは、不幸な偶然というほかありません。土谷正実死刑囚が、不幸にも天才的だった、ということでしょう。麻原がどういう心境だったかはわかりませんが、作れと言って、完成品ができたので、使ってみたい、あるいは使わないと信者の手前メンツが立たないと思ったのかも知れません。単によくやったと思ったのかもしれない。真実はわかりませんが、とにかくその計画は実行にうつされ、悲惨な結果をまねくことになります。

 【まとめ:反体制を気取っているひとは、誰でも麻原になる可能性がある】

 いまでも、政府を暴力で倒すと主張している・ないしは内在的に思っている個人・団体は多くあります。
 中核派革マル派もそうですし、(冗談半分にしろ)政府転覆しかないという政見放送で話題になった外山恒一さんなどもそうです。
 オウムは、第一話を見ていただいてもわかるとおり、多少暴力的なところがあるにせよ、中核派か革マル派と比べて特別財力があったとかいうこともありません。技術があったわけでもありません。
 本人に多少のカリスマ性があり、部下が優秀だと、たまたまの連続でサリンをまくことになる可能性がある。それは特別で、過去に終わったことではなく、いまもつねに隣り合わせになっている危険である、そう感じました。
 下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。


木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。

コメント

人気の投稿