スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

午前中に起きることを諦めたら、人生がすべてうまくいった話

【この記事はおよそ5分で読めます】

 どうも「えらいてんちょう」です。朝起きられないので就職は諦めて、新卒から自営業をしております。

 【とにかく、朝に弱い。眠い】

 小学校のころから朝に弱く、遅刻ばかり。遅刻指導を受けたことも一度や二度ではありません。定期試験や、大学のテストに寝坊して落第したこともあります。ある種の軍隊的な訓練を受ければ矯正可能だったのかもしれませんが、集団生活はストレスが大きく無理。無理無理尽くしのアマちゃんといわれればそれまでですが、とにかく無理でした。いっぽうで中途半端に事務処理能力や発想力が高く、いわゆる仕事ができるため、自尊心が高く、会社勤めして「朝起きられない無能」扱いをされるのも屈辱にすぎます。結果、自分で起業する道を選ぶことになります。 
 起業はある種の成功をおさめましたが、しかし朝起きることができないことは変わりません。8時から仕事だから、7時には起きなくちゃ・・・1時には寝ないと睡眠時間の確保が・・・ああ、眠れない・・・ああ、もう3時だ、5時だ・・・。あの絶望ったらないですよね。トップの自分が寝坊するもんだから、スタッフにも示しがつかない。朝の仕事があるときは、前日の昼に寝だめして徹夜で臨んだり、前日かなり早く寝て夜中に起きてそのまま起きていたりと大苦労です。連続で一週間、朝からの作業があるときなど、体調を崩してしまい終わってから2週間は就業不能になります。このころは、それなりにつらいことはあるが、普通の会社員に比べればずいぶん甘い生活だ、と自分を奮起させて頑張っていました。

 【育児で気づいた自分の生活リズム】

 2017年4月に子どもが生まれ、仕事は開店休業状態にしました。自主的な育休ですね。妻との話し合いの上、夜のミルクあげを私がやり、朝6時ころに妻と交代する、というような「シフト制保育」を始めました。これが自分にとって大きな気づきを与えてくれました。毎日、朝5時に寝て、昼の12時から14時くらいの間に起きる。この生活が、私にとってものすごくあっていたようです。心身の不調がいっさいありません。仕事も勉強もはかどります。なんでいままでこうしなかったんだろうと、目からうろこが落ちる思いでした。
 徐々に仕事を再開しはじめていますが、14時より前の仕事は一切受けないようにしています。あくまでも自分の都合で仕事ができるのが自営業のいいところです。もちろん、それで逃す利益も大きいし、もしかしたら食えなくなってしまうかもしれない。それでもいい、と私は思っています。私は14時から仕事する、仕事くれないひとはそれで結構、って感じです。すごいハッピーです。

 【まとめ:職業の適性って、身体の要求が決めるんじゃないか、という話】

 就職しようとするときに、適性検査みたいのあるじゃないですか。あれによると私は、芸術系は向いてなくてテレビマンとかが向いてると出るんですけど、いやそういう問題じゃねえんじゃないかな、というのが最近の気づきです。私は、どんなに自分の能力が発揮でき、年棒が1億円くらいもらえて、有給もばっちりとれるとしても、毎朝8時からの仕事は務まりそうにありません。逆に、毎日17:00-23:00くらいの仕事であれば、どれだけ連勤が続いて、有給がとれなかろうと、結構な期間務まると思います(私は病的にひとに頭を下げるのが苦手なので、会社勤めは向いていないが、それは差し置くとして・・・)
 読者諸賢も、どんな仕事に就きたいと問われた際には「マスコミ!」とか「金融!」とか、ジャンルで考えるのではないかと思います。現在すでにお勤めの方も「同業他社で条件が良いところ」とかそういった風に転職先を決めたりするのでしょうか。就職したことがないのでわからない
 私が申し上げたいのは、職業に対する適性って、何時から何時まで就業時間とか、あまり人に怒られないとか、周りにひとがいる・いないとか、そういったことに対する自分の身体の反応・・・朝起きられない、怒られると具合悪くなる、人ごみが嫌いなどなど・・・によって決まってくるのかもしれないよ、ということです。
 普通、朝起きられないとなったら、朝起きる方法を模索して、睡眠導入剤飲んでみたり、起きたら日光を浴びるといったらライフハックを試したりしますね。人ごみが苦手なひとは我慢したり、ようするにつらい状況を耐える訓練をします
 でも、もうそんなことやめませんか?朝眠りたいなら、身体に眠らせてあげましょう。人に怒られるのが嫌なら、怒られない仕事を探しましょう。人といっしょに作業するのが嫌いなら、人付き合いを学ぶのではなく、一人でできる仕事を探しましょう。日本は豊かです。生活保護や障害年金だってある。なんとでも生きていけますよ。

 短い人生、つらいことは少ないほうがいい。身体を甘やかせていきましょう。

 ショボイ自営業者が失礼しました。オワリ。


下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

人気の投稿