脱法ハーブ屋を乗っ取ってアジトにしてたら最終的に麻薬取締官に囲まれた話

【この記事は約5分で読むことができます。】

 子どもが大きくなったときにこのブログを読んだらどういう気持ちになるのでしょうか。こんにちは、「えらいてんちょう」です。今回は2012-2014年に脱法ハーブ屋でアルバイトしてたときのお話。
 最初に断っておきますが、わたしは今回の一連の話で一切の違法行為をしておりません。しかし薬物中毒者に薬物を売るという、まぁ褒められた仕事じゃないので「池袋の事故はお前みたいなののせいだ!」という方がいてもおかしくありません。先に謝っときます。ごめんネ。
 ちなみに私は一切脱法ハーブの類をやったことがありません。当然違法なドラッグをやったこともありませんし、酒も飲みません。じゃあなんで脱法ハーブ屋でバイトすることになったのかといいますと、まぁ、読んでいっていただきましょう。
 

 【とにかく暇そうなバイト探し】

 諸般の事情から大学を休学した私は、アルバイトを探していました。当時資格試験の勉強をしていましたので、暇そうで、なんなら店番しながら勉強できるようなバイトはないもんかな、と探しておりましたところ、自宅から徒歩1分のところに謎の店がありました。アルバイト募集、14時‐23時、時給900円。客が入っているとこを見たことがなく、店番のオッサンが暇そ~~にネットサーフィンしてます。いいじゃん!面接に応募しました。

 【ここいわゆるハーブのお店だけど大丈夫かな?】

 店長のオッサンから脱法ハーブ屋である旨の説明を受けた私は「なるほど~」と感心したものです。依存しているヤクチュウの客が一定数いて、単価が高いのでちょっとしかこなくてもやっていけると、そういう感じだったわけです。法律学をかじって、弁護士事務所の手伝いなんかしたこともありましたので、違法性がないことがよくわかりました。一般的に単価が高く客数が少ない仕事は暇なのでおすすめです。
 面接は非常に簡単に終わりまして、脱法ハーブ屋アルバイト勤務が始まります。

 【同僚は2人いたがほとんどかかわりなし】

 店長のオッサンのほかに、先に入っているアルバイトが二人いました。
 一人は売れない俳優のオニイサンで、店番中に台詞を覚えたり演技の練習をしてるとのことでした。脱法ハーブはやりません。ひたすら芝居の練習の時間が欲しいって感じのひとです。
 もう一人は、国際基督教大学に通っている女子大生で、ぱっと見フツーの御嬢さんって感じです。彼氏がハーブ中毒で本人も彼氏に付き合って吸っています。
 ラインでつながってましたが、基本的に一日中勤務をするので、勤務の交代とか業務連絡以外はほぼ連絡がありません。女子大生のほうは、最近ハーブ中毒だった彼氏と結婚したみたいです。大丈夫か?と思いますが、まぁ大丈夫なんだと思います。

 【客はヤバいが危ないことはなにもなし】

 やらないので詳しいことはわかりませんが、だいたい、3gで4500円くらいが脱法ハーブの相場で、たばこみたいにして吸う人が多いみたいです。一回の吸引で3時間くらい持つ?らしく一回の吸引で必要なのは0.5gくらい。まぁ人にもよるんでしょうが、ひと箱買えば3日くらいは持つみたいです。1日あたり1500円。たばこよりちょい高いくらいですね。
 客は、来て、薬買って帰るだけなんですが、2日に一回一番強い薬を4つずつ買って帰る若者は大丈夫かこいつと思ってました。だんだん元気なくなっていくし。まぁ、大丈夫なんでしょう。人生、最悪死ぬだけですから。
 結構身なりのきれいな、社会的地位高そうなひとが多かった気もします。ネットだと足がつくから、といっているひともいましたね。

 【暇すぎて友達呼び出す】

 基本勉強のためと思って暇なバイトを選びましたが、とにかく暇すぎます。パズドラやったり、ネット麻雀したり、図書館で借りた図解雑学シリーズ読みまくったりして時間をつぶしますが、耐えかねて友達を呼び出します。桃鉄をやったり、遊戯王カードをやったり、将棋をしたり、たこ焼きパーティをしたり、それはもう自由奔放です。さながら自分の家です。家賃払うどころか給料がもらえる家です。最高。
 9時間と勤務時間が長いので、「15分くらいなら飯買ってきたりで閉めてもいいよ」といわれているのを拡大解釈しまして、2時間くらい飯にいったり、勝手に早引きしたり、やりたい放題でした。上司は気づいてはいますが何もいってきません。給料はちゃんと払われてました。当時わたしは大学生だったのですが、2年ほどの勤務で4年間の学費を貯めました。ありがたいことです。私の学費はヤクチュウのお金で賄われました

 【事故、包括規制、そして】

 2014年6月24日の事故を契機に、潮流が大きく変わります。あれは本当にひどい事件で、亡くなられた方には謹んでお悔やみ申し上げます。あの事件を機に、国家が勢力をあげて脱法ハーブ屋をつぶしにかかります。 
 当時は合法であり、法律の根拠はないのですが、とにかく麻薬取締官と警察官がたくさん来ます。違法な薬物がないか調査するという名目で、延々と居座ります。商売にはなろうはずもありません。事故の1週間後くらい?に相変わらず勤務していた際に、10人くらいの警察官と麻薬取締官が押し寄せてきまして、現場の責任者として取り調べ?を受けましたが、「留守番なんでわかんないです」「バイトなんでわかりません」「私個人を拘束して取り調べるなら刑事訴訟法の手続きを経てください」と言い続け難を逃れました。法律を知っているので怖いものなしです。タチ悪いです。
 その後、脱法ハーブも全面規制となり、店は閉店、「えらいてんちょう」の脱法ハーブ屋勤めも幕を閉じます。

 【まとめ:結構楽しい2年間だった】
 かなりグレーな仕事ではありましたが、最後の給与10万円ほどを除いて給与は支払われ、楽しい2年間でした。
 単価が高く客数が少ない店は暇で、店番をしながらいろいろなことができることや、店舗はいるだけで一定の価値を生み出すことができ、例えばそこへ住み込んでしまえば家賃は実質0円になることなど、多くの発見があり、その発見の成果は「えらいてんちょう」のその後の商売に生かされていくことになります。

 最後に、クスリ、ダメ絶対。



下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。


木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。

コメント