スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

脱原発デモに参加したら、一緒にいった友人が逮捕されて、公安警察にクビを絞められた話

 【この記事はだいたい5分で読めます。】  怪しいやつはだいたい友達の「えらいてんちょう」です。今回は2011年ころのお話。
 もともと、人並みにマルクスなんか読んでおりまして、左翼思想に共鳴していたてんちょう。東日本大震災・福島第一原発事故のあとは、デモブームが起きました。てんちょうもいろいろなデモに顔だしたり、時には主催する勢いの、まぁアカいヤバい感じの学生生活でした。
 なお、現在の思想は
①原発はよくないと思うけど、デモに参加してる連中はふつうに気持ち悪いし、原発を止めるのに寄与しているとはとても思えない
②よくないとはいえ、さまざまな理由があって原発に至っているわけで、政府が悪い、自民党は悪の組織で経済優先で原発を~とかバカなことは思わない
③原発が爆発して特別寿命が縮まったといかいうこともなさそうだし、日々の生活が大事なのでどうでもいい。

って感じです。

 【君は中核派を知っているか?】

そのデモは中核派が事実上の主催で法政大学の回りを歩くデモでした。中核派とは「革命的共産主義者同盟全国委員会」の通称です。名前からしてやばいです。過去に殺人事件とかおこしている団体です。最近はメディアなんかに出てますね
←中核派の斉藤さん。終始こんな感じ

 てんちょう(当時20か21)は、「主催が中核派とは知らなくて、だまされていった無垢な学生」というわけでは全然なくて、すでに結構名の知れた学生運動家でして、中核派の思想に部分的に共感しており、中核派に所属している知人に誘われて、たまたまその日が空いてるのでいったとそういう感じでした。


 【警察の数がハンパじゃない】

 中核派のデモは、監視の警察官の数がハンパではありません。デモ参加者より警察のほうが多いです。隙あらば逮捕です。知人は

「我々の革命路線が正しいので、権力が恐怖しているからその証拠だ」と豪語していました。当時はそんなもんかと思いましたが、いま考えてみると
「過去に殺人事件を犯した団体が、判断能力に乏しい大学生に声をかけて取り込んでいる状況は取り締まるのが当然」だと思います。


 【デモ中に警察官が押してくる。デモの終盤に・・・】

ふつうのデモよろしく「原発反対」とか叫びながらねり歩くわけですが、警備の警察官が我々のことを押してきます。贔屓目に見ても、押してきます。喧嘩を売ってる感じの押し方。ありますよね、ヤンキーが喧嘩始めるときの、肩ぶつける感じのやつ。アレを警察官がやってきます。マジです。それで、倒れるわけにもいかないので、逃げるわけですね。するとさらに押してくる。押し返して公務執行妨害で逮捕を狙ってます。
 参考 転び公妨

 自分は押し返したりしてないんですが、友人は押し返した?よく見てないんですが、警察があいつだ、あいつがやったとかいって友人を指さしてます。ただならぬ雰囲気です。
 デモ行進の終盤。大通りを終わり、小道に入ったところで、警察官40人くらいが「公務執行妨害で逮捕する!」といって友人に襲い掛かってきました。
 そんな大げさなこといっちゃって、なんだかんだ警察殴ったりしたんだろ、と思われると思いますが、少なくとも殴ったりはしてません。押されて、押し返したといえば押し返したか?くらいのものです。ほぼ間違いなく冤罪です。
 中核派各位も負けていません。「何もやってねーだろ!なんで逮捕なんだよ」といって、その友人の四肢を掴み、逮捕を阻止しようとします。乱闘です。ふつうに考えて、国家権力に勝てるわけもないのですが、一応抵抗します。
 警察官、普通に暴力です。中核派各位を殴りまくります。「お前ら、公務執行妨害だァァァァ!」です。目が怖い。本気だ。
 てんちょうは、年配の警察官につかまり、茂みのほうまで連れ去れて、クビを絞められます。「お前、公務執行妨害だァァァァァ!!」絶叫。なんなんだこれは。
 そんな混乱のなか、友人は普通に逮捕されます。目的を達成した警察官は、すっとかえっていきました。

 【プロレスみたいなもの】

 この流れ、<半年に一回デモやって、逮捕されて、権力の横暴を許さん!我々は戦うとかいってまたデモやって逮捕されるという誰も幸せにならない流れ>はまだ営々と続いているみたいなんですが、5年ほど経ってあれはなんだったのか考えますに、プロレスなんでしょうね。
 中核派なんか、いまや弱小組織で、入るひとも減って、殺人事件起こしたくてもそんな体力もない、くらいのフェーズです。
 警察は警察で、オウム真理教事件のときに公安警察いっぱい増やしちゃって、公務員はクビに出来ないもんだから、いろんな仕事を発見しないといけない。なので、そんなに危険じゃない団体も危険だ!大騒ぎして予算とらなきゃやってらんない。
 中核派も、警察がたくさんくることを逆に宣伝材料にして、若い人だまして、組織の活動員にして、なんとか組織の延命を図る。税金を盛大に無駄遣いしたゆがんだWin-Winは、伝統芸能のように、今日も続いていきます。

 【その後】

 友人は23日間の拘留のすえ、不起訴釈放となりました。取り調べのときに半年分のツイッターを検事に朗読されたとかいう面白エピソードもあるのですが、それはまたの機会に。現在は会社員として働いてます。中小企業にそんな調査能力ないから安心です。
 わたしは、半年後のデモに懲りずに参加した日に、公務執行妨害の疑いで家宅捜索を受けますが、これもまたの機会に譲ります。

 【まとめ:危険団体に近づく若者を減らす地道な努力をする警察に敬礼】

 中核派、ロクでもない団体です。労働者の代表とかいっておきながら、本部は本うったりチケット売ったりカンパ募ったりで組織を維持してます。やることといえばつまんないデモ。やればやるだけ人は「脱原発とかいうのってこういう変なやつだら、よくわかんないけど自民党にいれとこ」ってなります。若いやつはバカだから、一部こういう組織に取り込まれちゃって、気づいたときには仲間もいるし再就職も厳しいから中核派に一生を捧げる、みたいな悲惨なひとがいっぱいいます。(てんちょう観察)なお、個々人はバカなだけで悪い人ではありません。
 警察、単純に、こことかかわってると逮捕するぞ、と脅して、多くの青少年の人生を救ってると思います。さっきはWin-Winとかいってごめんね。警察の皆さんに敬礼。


下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。


木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。

コメント