スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

そのしょぼくれたアパートを引き払って、店に住め!【えらいてんちょうの起業論】

【この記事はおよそ5分で読めます。】

 どうも、どうも。創業計画も資金計画もないままナゾ会社を設立して、もう5年以上存続させています「えらいてんちょう」です。今回はナゾ店開店の秘話と開店のススメです。行き当たりばったりでもなんとかなるもんです。

 【店を開くのには大金がかかる、というウソを真に受けるな】

 何事にも「それをするには大金がかかるから覚悟しろオジサン」が登場します。店をやるということについてもそうですが、結婚、子育てなどについてもそうです。
 子育てには総額2000万かかるんだそうです。私は小学校から高校まで公立に通いまして、私立大学の学費は自分で払いました。塾や予備校にもいったことがありませんし、習い事もスイミング・空手くらいなものです。金をかけない親だったし、金のかからない子どもでした。別に何かが不足していると思ったことはありません。金はかけようと思えばいくらでもかかるし、かけないと思えば全くかからないものです。私も最近親になりましたが、こんな感じで適当に子育てしたいと思います。

 店についても同じです。私が生息している豊島区のはずれ、池袋からめちゃめちゃ頑張れば歩けるくらいのところですが、家賃8万円の店舗物件とかがたくさんあります。池袋 店舗 賃貸で検索してみてください。地場の不動産屋回ってみてもいいですよ。敷金が3か月分くらいとられますけど、基本的にはそのくらいで借りられます。初期費用50万くらいでしょうか。そのあなたがいま住んでいる犬小屋みたいなアパートと同じくらいなもんです。引っ越しのつもりで開業してしまいましょう。

 【商材なんてなんでもいい、店あけてりゃ家賃くらい売り上げられる】

 最初は1円も売り上げる気がなくて、家じゃなくて店借りたら面白くない、というノリで借りた店舗、謎に売り上げがあがります。うちからもってきた服とかが、1着100円で売れまくります。わけがわからない。自宅に服をおいておいても売れないのに、店を自宅にしたら服が売れた。家賃の足しになる!と喜んでましたら、わけのわからないものがいっぱい売れて、初月には40万円くらいの売上がありました。意味不明過ぎてウケます。同じ家賃なら家より店借りたほうがいいだろ→おっ、ちょっと売上がある!家賃浮く!→むしろそれだけで生活できるくらい儲かった!です。なぞですね。

 【店は本当のオープンスペース。あいまいな人々が集まって、なぞな収入がある】

 最近あるじゃないですか。オープンスペースとか、誰でも歓迎オルタナティブスペースみたいな。あれってすごく入りにくいですよね。教会とかもそうです。【どなたでもお気軽におはいりください】って、入れねえわ!みたいな。
 店は容赦なしにフレンズが来ます。開いてなければ「なんであいてないの?」くらいのテンションで来ます。まぁだいたいのひとは金落とさないですが、それでもいいんです。基本家なんで。家ではお金もらえないですから。
 しかしまぁ時々、「ひとりがタンス運べないから手伝ってほしい」とか「草むしってくれ」とか「冷蔵庫処分してくれ」とか「冷蔵庫ただでくれ」みたいなあいまいな依頼が入りまして、お金をもらえたりもらえなかったりするわけですね。別にがんばってないのに「がんばってるね!」みたいにお声かけいただいて食糧をもらうなどできます。そんなこんなで、謎店は謎に維持されております。

 【まとめ:バカの考え休むに似たり】

 まぁ、事務所借りて、内装やって、備品買って、スタッフ雇って、自分の生活費をねん出する、と考えると、ハードル高いですよ。というか、無理です。それで利益?無理無理、むーりむり。
 ただ、あなた、家の家賃払ってるでしょ。払ってないで実家に寄生してるフレンズも、そろそろ親からの圧力が厳しいでしょ。だからね、新しい家を借りるつもりで、店借りちゃうといいですよ。人件費も備品もしらねー、おれは店に引っ越す!と。すると、謎に店が維持できたりできなかったりします。
 普通、店舗にはすんじゃいけないみたいな契約になってるんですが、まぁだいたいの大家は金さえ払ってれば何もいいません。なに、毎日の仕事が長引いて毎日残業しているだけです。
 バカがいくら考えたってしょうがないですよ。大企業だって苦労してるのに、収益計画なんか立つわけないじゃないですか。バカの考え休むに似たりです。やってみれば、できないことはないかも知れません。
 「えらいてんちょう」は無謀なそこのあなたを応援していますよ。

 注:女性は一人で店を借りることは勧めない。ナゾおじさんからナゾセクハラを受けて最悪ナゾレイプをされるからだ。残念だね。




下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

人気の投稿