豊田真由子衆院議員は境界性人格障害(ボダ)だ、これ以上いじめるな!

【この記事はおよそ5分で読めます。】

 豊田真由子衆議院議員の暴言、恫喝、暴行事件が世間を賑わせた。音声はこちらから聞くことができる。私はこれを聞いた瞬間に、これは境界性人格障害、いわゆる「ボダ」の典型だと思い至った。明日以降、野党を中心に豊田衆議院議員本人含め、この問題に対する追及が進展すると思われるが、特に人権派を名乗る野党各位においては、この問題は慎重に扱い、特に本人を公の場で謝罪させようとしたり、そういった動きに発展しないようにしていただきたい。

 【境界性人格障害とは】

 筆者は都内のバーの店長を務めている。バーで発達障害、精神障害系のイベントをやることが多く、常に何らかの障害と戦っているひとが店にいる影響で、ああ、これは障害なんだという判断が通常の方に比べて少しできる、かもしれない。しかし、私は医者ではない。医学を体系的に学んだこともなく、医療従事者でもない。よって、この記事の内容の正否は保証されないこと、医師の意見があれば補足していただきたいことをはじめに申し上げる。
 そんな筆者だが、このニュースの音声を聞いた瞬間に、ボダじゃん!と思った。
 
 ボダは外面はよいが、しかし閉じた人間関係になる豹変する。気分の波が激しく感情が極めて不安定で、良い・悪いなどを両極端に判定したり、強いイライラ感が抑えきれなくなったりする。医学的な定義は専門家に任せるとして「気分の波を抑えきれず周りを傷つけまくり、結果的に本人も苦しくなる」というのが境界性人格障害の特徴だ。病識(自分が病気であるという認識)がある人が少ないも特徴としてあげられる。境界性人格障害の恐ろしさが書かれた記事がいくつかあるので、紹介しておく。

 【人格障害は治らないが、うまく付き合っていくことはできる】

 人格障害自体を治すことはできない。そういった性質のものではない。しかし、人に激昂して暴言を吐いてしまったり、殴ってしまったりといったたぐいのことは薬やカウンセリングで抑えることができる。おさえてなんとか生活している人たちを、多く知っている。豊田代議士は、精神が不安定になり入院されたらしい。すぐには、政治家の逃げ口上と思われるだろうが、実際に治療が必要な状況であることは間違いない。病識をもっていなければ持っていないで持ついい機会だ。とにかく、政治家なんてストレスが多い職からは逃げて、静かに病気と向き合うことだ。

 【まとめ:いやしくも人権派を名乗るなら豊田代議士をいじめてはいけない】

 豊田代議士は、もはや自民党の代議士でもなければ、権力者でもない。ただの一人の病人だ。これだけのことが明るみにでてしまった。自民党に離党届は出している。代議士も続けられまい。静かに病気に向き合い、静養すれば、政治家は無理でも、もともとの優秀な頭脳を生かして第二の人生を歩むこともできるかもしれない。
 野党は、豊田代議士を追及しないで欲しい。そういう障害なのだ。ここでさらに精神にキズを負わせれば、死んでしまう可能性だってある。そういう人を何人も見てきた。いままで明るみに出なかったのが奇跡的だ。人格障害者は、外面を取り繕うことがうまい。任命責任でもない。ただ、障害があっただけだ。
 この件をやり玉にあげるのは、共産党、社民党あたりか。パワハラをなくすべき厚生労働大臣政務官が、とか、そういった具合だ。それでも、やめてほしい。いやしくも人権派を名乗る良識ある人であれば、もう豊田代議士をいじめないでほしい。死んでしまう。
 私が言いたいことはそれだけだ。知識もないので、ボダではないかもしれない。違う人格障害かもしれない。頓珍漢なことをいっているかもしれない。しかし、その人をいじめるな、死んでしまうぞと、たくさんの人が自分で死んでいくのを見てきた筆者の、言わずにはおられない気持ちを、野党の皆さんに汲んでいただければ、少なくとも聞くべき意見として耳を傾けてもらえれば、文章を書く人間としてこれほどうれしいことはない。

下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.6.23追記

中高大の同級生である田中絵里緒さんが、この件に関連して文章を書かれております。豊田真由子さんと私の関わりです。とくに「東大模試の問題を事前に手に入れて全国1位を取った」といったエピソードに目が行きます。境界性人格障害というより自己愛性人格障害かもしれません。いずれにせよ、自分には一時診断はできかねますので、医師のもと、静謐な環境での回復をお祈り申し上げます。

コメント

  1. 正直なところ、相手に対して「死ねば? 生きてる価値ないだろ」という言葉を発してしまうような人はさっさと死んでくれた方がより多くの人の命を救えると思う。

    実際は、田中議員が死んだところで何の罪滅ぼしにもならないし、治療した上で正しくその能力を発揮して活躍してほしいし、あなたの書いている「境界性人格障害者との付き合い方」「田中議院をいじめてはいけない」という内容は正しいと思う。

    しかしその正しさを目の前にしてもなお、私は田中議院が発した言葉を許すことができない。
    「死ねば? 生きてる価値ないだろ」という言葉は人の命を本当に奪う。田中議院は当該秘書だけでなく、それまでにも何人もの秘書に対して多数の暴言を吐いてきた疑いがある。

    田中議院は優秀で、彼女にはこれからも生きている価値があると思う。死んでほしいとも思わない。それだけは言ってはいけないと頭では理解していても口から出てしまう、それ自体が病気ゆえのことであるのもわかる。
    それでもなお、私自身が「死ねば? 生きてる価値ないだろ」と言われ自殺の一歩手前までいった時のことを思い出すと「田中議院が若くして死んでくれていたら、これまでどれだけの人が救われただろうか」と思わずにはいられない。(その優秀さで救ってきた人たちで相殺というのはやめてね)


    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06211700/?all=1
    『うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか』『鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!』『お前の娘にも危害が及ぶ』

    返信削除
  2. 我ながら矛盾してるな…

    返信削除
  3. 「田中議員」ではなく「豊田議員」の間違いでした。すみません。

    返信削除
  4. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  5. こうした病気が原因でトラブルを起こしてしまうことは誰にでも可能性はあることであって、彼女が議員という社会的責任がとても大きな立場ということを考えても、世間がバッシングのみに躍起になり、結果的に人生まで壊してしまうような、
    そういう日本であって欲しくありませんね。
    もちろん本人に何の責任もないというわけではありませんが、日本にも同じような症例の方が大勢いるはずで、この一件がそうした人々との共生を考えるヒントになれば一番いい。
    障害や病気を抱えていても、議員は無理でも、どんな形でも生き続けて社会に貢献して幸せに生きられる方法はあると思います。

    返信削除
  6. 人格障害で治療が必要であるならば、国会議員でいてはいけない。すぐにでも議員辞職すべき。そうすれば誰も批判しない。離党届でゴマ化すならば、そのこと自体、厳しく批判されるべき。

    返信削除
  7. 豊田女史の暴言を聞いた瞬間に境界性人格障害だと感じました。米国でも多発した時代があり、日本も20年程遅れて発症者が目立つようになったと記憶してます。末期的な安倍政権の中で…と云うか長きに渡る米国追従の自民党政治の下で権力側、国民双方に心の病いが蔓延してしまったと感じています。人権問題をしっかり認識した上で、自らの生き方を捉え直す機会にしたいものです。
    豊田女史は病気です。この国全体の病いも深刻なものです。

    返信削除
  8. 似た面がある女
    昔 交際相手に 余りに理不尽な行為を繰り返され 怒りが自制出来なくなり 罵声を浴びせたり 物を壊したりした経験があるが、上には上が居るものだ!と驚愕した。
    私もシロウトながら 豊田さんは人格障害に属するのでは? と思いました。 

    返信削除
  9. 境界性人格障害とうまく付き合うということは
    本人の行動責任を肩代わりしないこと
    本人の行動の結果は本人にとらせることであると
    習いませんでしたか?

    一体どこの書籍で勉強されましたか?
    共感力が欠落しているので罰を割り引くことなく
    与えるしかないというのが現在の臨床の結論だと思いましたが?

    返信削除
  10. はあ?、このバカをこれ以上いじめるな???!!、お前?、どの面下げてコイツの擁護なんかしてんだ‼‼??。いいかげんにしねえと豊田真由子からじゃなくまずはお前から最初に血祭りにあげんぞ‼‼。首洗って楽しみに待ってろ‼。ボケ‼。

    返信削除
    返信
    1. その暴言そのものが豊田真由子みたいじゃないか。「血祭りにあげんぞ」とか脅迫めいたこと言うなよ。話題が話題だけに、義憤に駈られる気持ちは分からんでもないが、相手に対する思いやりをなくしちゃダメだ。
      でないと、せっかく反対意見を言う勇気を持った人を萎縮させてしまうだろう。これは、ネットの自由を保つために大切なことだ。

      削除

コメントを投稿