スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

宗教は結婚に似ている、信仰の婚期を逃してはいけない、という話。

【この記事は約5分で読めます。】

 どうも。生活保護芸人から宗教芸人にジョブチェンジしました「えらいてんちょう」です。前作を書いてから、様々な反響がありまして、「一神教は深い!もっと勉強しようと思います!」とかいう声が目に入るようになりました。無駄だからやめとけ、宗教を外から勉強しても一切わからない、宗教を知りたければ入信するしかない、という話をします。
 はじめに申し上げますが、本記事は特定の宗教への入信を勧めるものではありません。宗教一般、信仰一般に対する一意見としてご覧ください。この記事を見て変な宗教に入信して人生狂っちゃっても、「えらいてんちょう」は責任を負いかねますのであしからず!

 【勉強すればそのものがわかるようになる、というのは受験勉強的発想。信仰は受験というより結婚のようなもの】

 概してこのように、勉強するというのは、学歴が高く、頭の良い人が多いです。私が知っているこのタイプの人間は、全員残らず宗教的大成を見ずに終わっております。
 ここでいう勉強とは、外から見ていることです。自分が信仰の中に入らず、本を読み、たとえば練習問題を解くようにすれば、大学に合格できるかのごとく、その宗教が、信仰がわかる、と勘違いしているわけです。
 信仰は結婚のようなものです。てんちょうも出会って2週間で結婚しましたが、日々結婚って素晴らしいなと思います。先のことはわからない。やってみないとわからないのが結婚です。信仰について外部から勉強するということは、結婚せずに結婚生活についての本を延々と読んでいる状態に等しいわけです。結婚については、結婚しないとわかりません。そして、それがどれだけわかるか、わからず離れてしまうかは一人一人によります。信仰もそれと同じなのです。

 【すべての教義に通じている非信者よりも、入って1日目の何も知らない信者のほうが偉い】

 あらゆる宗教で、その教義にあまねく通じている非信者よりも、入って1日目の何も知らない信者、あるいはふまじめな信者のほうが偉いとされています。これもまさに理由がありまして、信仰というのは、主観的かつ身体的なものでありますので、100冊の本を読むより一回の礼拝が勝るのです。実際、100冊の本を読むより、一回礼拝をするほうが、その宗教について多くの知見が得られるものです。


 【戒律が守れないから入らない?戒律を破っても、ふまじめな信徒になるだけだ】

ある宗教が魅力的だと思うが、その戒律・・・礼拝、食事の制限、修行など・・・を守れそうにないので入信しない、というパターンもあります。これもまたひとつの、信仰から遠ざかる考え方です。戒律が守れなくても、ひとりのふまじめな信者になるだけです。100冊の本より1回の礼拝が優先されるように、ふまじめな信者はまじめな非信者に優越するのです。
 個人的な体験を語らせてもらえば、わたくしも宗教に入信した際は、その宗教の戒律をまったく守れなかったものです。しかし、日が経ち、信仰が深くなるにつれ、体が戒律に反することを拒否するようになってきました。これは絶対に本を読んでいては得られない感覚であり、このような主体的な体験をしているか否かは、宗教に対する理解のひとつの大きな違いです。

 【信仰にも婚期がある。宗教は適切な時期を逃すと一生入信できない】

 勉強して、よく理解して、納得できたら入信しよう。いまの市民社会に適合した、非常に合理的な発想です。しかし、この考え方は、宗教に興味があり、何らかの信仰を持ちたいという方には危険な考え方です。さきほど信仰を結婚に例えましたが、信仰にも「婚期を逃す」という現象があります。事前に勉強し、多くの知識を仕入れるにつれ、「本当にこの宗教が自分にあっているのか」とか「戒律を守れるか」とかつまらないこと考えて、一番重要な「入信」ができないという事態になりかねないのです。
 もうちょっと調べてから。もうちょっと勉強してから。その一瞬が、あなたを一生涯宗教から遠ざけるのかもしれないのです。

 【まとめ:いやになったらやめられる。気軽に宗教に入信しよう!】

 結婚も同様ですが「一生に一度のことだから、もっと精査してからにしよう」なんて思ってませんか。入信なんて勢いでするものです。知識も戒律も、あとからついてきます
 こちらも結婚同様、いやになったらやめればいいだけです。一般的には、たとえば「イスラム教は棄教できない。棄教したら殺される」などと理解されていますが、これは大きな誤解です。一番棄教に厳しいとされるイスラム教でも、確かに背教は死罪とあるものの、「シャリーアは完璧なので、棄教したものは精神がくるっている。精神異常者に必要なのは、処罰ではなく治療である。」と解釈することが多いのです。
 人心が離れることは多々あり、そのたびに殺しをしていてはとても教勢を維持することなどできません。どんなに「棄教はいけない」とされている宗教でも、この原理は適用されるでしょう。オウム真理教のように若い新興宗教は、時の試練を経ていませんので、注意が必要ですが。どこの宗教でも嫌がられるのは、棄教したうえで、信者が信仰の核にしている部分を公に侮辱することでしょう。それは、一部の熱心な信徒を怒らせても無理はありません。そうしない限り、人の心が離れるという自然現象に対しては、どの宗教も寛容なのです。


下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。



木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。


コメント

人気の投稿