金持ちになるために勉強するのまじで無駄

 どうも。「金持ち」どころか、平均的な生活水準がクリアできているかもあやしい「えらいてんちょう」です。私自身はまったく金持ちではありませんが、都内私大で経済学を学んだ経済学士として、この方法は金持ちになりうる、この方法は金持ちになりえないという判断をすることができますので、今回みなさんにご紹介します。

 【将棋系ユーチューバ―のほうが、藤井四段より稼げるようになるかもしれない!?】

わたしは将棋(将棋ウォーズで初段)が趣味なのですが、最近の藤井四段フィーバーはすごいですね。今年中に竜王でも取りそう。竜王をとったら、賞金は4320万円!すごすぎる。いったい、いくら稼ぐことになるかわかりません。
 一方で、ユーチューバ―という職業も最近では説明不要になってきました。将棋系ユーチューバ―という方々がおられ、クロノさんアユムさんアゲアゲさんなどが有名です。なかでも私はアユムさんのファンで、いつも動画を拝見しています。
 普通には考えにくいことですが、経済学的には、大金持ちになる可能性を秘めているのは、藤井四段よりもむしろ将棋系ユーチューバ―の皆さんです。その理由を以下、順を追って説明します。

 【大金持ちになる方法① 人を使う】

 もっとも原始的な、大金持ちのなり方です。人を使役して、生産したものの一部をとっていく方法です。企業の創業者は基本的にこの理屈で大金持ちになります。企業が大企業になり、上場し、株主(=会社の所有権)が分散すると、もはやこの方法で大金持ちになることはできなくなります。ですから、大金持ちになりたいひとは、大企業で出世しようと試みるのではなく、小さくても効率的かつ持続的に人を使役して利益をあげる仕組みをつくるべきであるといえます。お金持ちになるために勉強する、というひとがいますが、あれは無駄で、勉強をいくらしても質のいい労働者になるだけで、収入は頭うちです。

 【大金持ちになる方法② 共同消費可能物を生産する】

 冒頭の将棋系ユーチューバーの方が藤井四段より稼げるようになる可能性がある理由はコレです。
 ブログ収入の経済学で書きましたが、ネットに動画をアップするというのは、①共同消費可能で、②減価償却しないといういままでにない商品の特徴をもっています。将棋を指し、その動画をネットにアップするということは、使っても減らない商品をどんどん生産しているようなもので、これは一度火がついてしまえば、青天井に収入があがっていきます。
 対して、藤井四段は日本将棋連盟所属の組織人であり、棋譜は確かに共同消費可能とはいえ、その所有権は日本将棋連盟にあります。たとえていえば、藤井四段は大企業所属の有望な新入社員であり、将棋系ユーチューバーはベンチャー企業の創業者のようなものです。
 (注:ユーチューバ―はグーグル所属といえなくもないが、グーグルの所属性は特殊で、報酬に上限をつけない。)
 
 いわゆる、アプリ開発とか、ブログで収入とか、そういったものはすべてここに入り、大金持ちになれる可能性があります。しかし、市場は成熟しており、特別におもしろい、目立つ、なんらかの事情がなければ大金持ちになるのが難しい方法でもあります。

 【大金持ちになる方法③ 相続をする】

 今回、一番推したいのはこちらです。大金持ちの子どもが大金持ちなのは、財産を相続するからであり、相続はひとつの大きな資産形成方法であります。

 相続ったって、うちの家、貧乏だよ、というそこのあなた。視野が狭い!相続は、他人からでもすることができます。
 つぶれかけの店を乗っ取ろうという記事でも書きましたが、これも広くは他人からの相続の話です。赤の他人から15億円を相続した芸人の話なんかも有名ですね。あるいは、カルト宗教にいっぱい金があるのは、信者の財産を生前贈与されているからと分析することができます。相続は、広く開かれた大金持ちになる方法なのです。

 【大金持ちになる方法④ 国をつくり、税金とる】

 現実的には意味がありませんが、理論的には国をつくるのが一番いい方法です。儲かったところからだけ収益の一部を取ればいいので、失敗のしようがありません。あとは国防と、国民の不満がたまらないように気をつけてください。


 【まとめ:もっと相続に目を向けよう】

 一般的に、大金持ちになるためといって、社長になるとか、芸能界に入るとか、そういったことが思い浮かべられると思いますが、なぜ社長になると大金持ちになりうるのか、その理論的根拠はお分かりでしたか?いまは誰にもチャンスが開かれている時代です。
 しかし、なにせよ狭き門です。大金持ちになるたい各位は、市場で厳しい審査を受ける他の方法よりも、もっと相続に目を向けてみてはいかがでしょうか。チャンスはそこら中に広がっているものですよ。私はそんなに大金持ちになりたくないので、皆さんがんばってください。

下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。


木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。

コメント