スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話

【この記事はだいたい5分で読めます。】

 人並みにマルクスなんか読みまして「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。もやいTENOHASHI(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。詳細:追記を参照。2017.6.5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。今回はそんな彼らのケーススタディー。

 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。

【S(当時22歳)のケース】
 Sは北海道出身で、私と同級生。北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。

【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】
 総じて、金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。
 生活保護のお金が支給されます。まずいくのは、コンビニです。タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。また、酒を買います。ウィスキーの中サイズです。これでおよそ、2500円くらいです。腹もすいています。オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。道中で喉が渇きました。自動販売機で130円のジュースを買います。一日4本くらい買います。新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。一日歩いて疲れたし、タクシーを使って帰ります。4000円です。こんな調子で、支給日から数日は1日に10000円ほど支出します。生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で80000円強です。当然お金がなくなります。1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、支出のベースが1日5000円になります。それが3000円になり、2000円になりますが、結局、月の真ん中、15日には一文無しです。それから2週間は文無しで過ごします。

 【このケ…

生活保護支給日の前は、区役所の公園でタバコが1本50円で売られる

 【この記事は約4分で読めます】

 どうも、生活保護申請随行ボランティアマンのえらいてんちょうです。先の生活保護に関する記事二作目も含めて好評いただいております。この記事は、先の記事の続きですので、もしこちらの記事を最初にご覧になって方も一度そちらをご覧いただければ幸いです。5分で読めます。

 【生活保護受給者が一番欲しいものは・・・】

 日本にはいろいろな支援団体があり、食料って結構無料で手に入ります。毎日おにぎりを配る教会やら、ご飯にスープに加えて、整体や鍼灸、散髪もやる炊き出しなんかもあります。彼らの日々の努力、尊い労働には、頭が上がりません。私はもう厳しいので、私の代わりにやってくれてありがとうという気持ちで、陰ながら応援させていただいております。
 しかし、生活保護受給者が心の底から欲しているものは、例えばタバコです。どこの支援団体でもタバコはくれません。あるいはです。私の知る限り、酒を定期的にふるまう支援団体もありません。あるいはマリファナです。あるいは脱法ドラッグです。あるいは、パチンコ、競馬、競艇、競輪。どこの支援団体でもやってないです。
 生活保護受給者が月の半ばくらいでお金を全額使い切ってしまう現象については前述のとおりです。なんで、支給日になると、タバコと酒を買いに走ります。では、15日から31日まで、どのようにタバコと酒なしで過ごすのでしょうか。

 【生活保護支給日の前は、区役所の公園でタバコが1本50円で売られる】

 現代・東京都豊島区の話。区役所の裏にある公園にタバコのばら売りオジサンが出現します。いろいろな銘柄を取り揃えており、一本30円から50円。いま、タバコは1箱500円弱くらいで20本入りですから、全部売り切れば1箱あたり+400円~1000円ほど。投資効率は、50-150パーセント。ぼろもうけ(?)です。規模は小さいけど。逆に言えば、生活保護受給者はそれだけ高くタバコを買っています。日本で最小規模の問屋がここに成立しています。
 売っている人はなにものか?私もわかりませんが、ヤクザのしたっぱだと思います。ヤクザのする貧困支援はさすがです。善意に頼らず、同族なので需要をよく理解している。行儀のよい社会上層のノブレスオブリージュとはわけがちがいます。一文無しになった生活保護受給者は、「母親が病気になった。交通費を貸してほしい」などとウソをついて、わずかな人間関係から金を調達し、1本50円のタバコを吸うことになります。これが、月の後半です。

 【タバコはほとんど吸わずに捨てる】

 そうまでして手にしたタバコです。さぞ大事に、おいしそうに吸うのかと思いきや、一口吸って、二口も吸ったらポイです。ポイ捨てです。自分も喫煙者だったのですが、金のないころは、いったん消したタバコをとっておいて後程火をつけたりしました。彼らは、そんなケチくさいことはしません。非常に豪快。逆に自宅に生活保護受給者を居候させてたときは、私が彼らが吸いかけたタバコを拾って吸ってたくらいです。わけがわからない。

 【まとめ:同じ人間、話せばわかるという希望を持ってはならない】

 わたしは昔、人間はだいたい話せばわかるものだと思っていました。目が二つあり、鼻はひとつで、容姿は似通っています。一応みな小学校に通い、字も読めます。ですから、一方がホームレスになり、一方が六本木ヒルズでメイドを雇うというような生活の格差は、政治が悪い、経済が原因と考えていました。
 でも、たぶん違うのです。同じ人間という種類で、日本人であっても、まったく分かり合えない場合もある。わからないからこそ、寄り添ったりしないで、適度な距離を保って、相手が腹を空かせて助けを求めてきたら食事をあたえる程度でいいのではないか。<社会問題だから解決しよう>と、彼らをこちら側に合わせるように矯正しようという発想はよくないのではないか。そう思うようになりました。

生活保護シリーズまとめ
「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話
②「これは家賃です」と渡されたお金を家賃として振り込むことは、限られた人間だけができる特殊能力です。
生活保護支給日の前は、区役所の公園でタバコが1本50円で売られる
生活保護で遊戯王カードを買い漁る33歳自閉症
生活保護を受け続けられるのは、限られたエリートです
ホームレスを保護したら40万円盗まれた話

下の共有ボタンで共有してもらえると書く気力がわきます。


木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。

コメント

人気の投稿